世界の酒窓から〜北京の夜〜/シモジイ
天候や予算のつごうなどでの突然のスケジュール変更は、建築物を撮影するフォトグラファーにとってよくあること。それにしても、3日前の北京行き決定は異例中の異例・・・。
ビザ渡航の必要がなくなったのと、e-チケットのおかげで海外撮影はぐんと身近なものになりました。
c0195791_166531.jpg

日本から北京までは約3時間。昔の東京〜大阪間といった時間の感覚で中国大陸に足を踏み入れることができます。
今回は、MLの撮影ではなく、韓国の企業「SKグループ」の仕事で北京に来ています。
現場のロケハン(撮影の下見)が深夜になりそうなので、バーで時間をつぶすことに・・・。



c0195791_167566.jpg
ホテルからタクシーに乗ってバーに向かいます。初めての北京の夜。

c0195791_169728.jpg
信号が赤でも人々はお構いなしに広い道路を横断。夜でも黄砂がひどい!

c0195791_16105666.jpg
タクシーも負けじと人を押し分けへし分け、全速力で市内を駆け回ります。ぎゃーあぶない!

c0195791_1611736.jpg
コチラのタクシーに置いてある、ガイドブック。その名も、百姓タクシー・・・・綺麗な表紙だけれど・・・百姓・・。

c0195791_16112386.jpg
行き着いた先は、北京でも有名なデザインホテルの地下1階。

c0195791_16113164.jpg
スペイシーなエントランスをくぐって。

c0195791_1610511.jpg
やってきました。その名もパンク!

c0195791_16102668.jpg
なんか、クラブみたいな雰囲気・・・。ちょうどDJイベントやってました。

c0195791_1612933.jpg
マーティンバースのシャンデリアなんかあって、インテリアセンスもなかなかのもの。

c0195791_16104432.jpg
パンクのシステムはキャッシュオン、ミニスカおねーさんが1杯ごとに料金をいただきにまいります。

c0195791_16123236.jpg
いつものようにサイドカーをオーダー。
カウンターのバーテンはボストンスタイルシェイカーです。シェイカーのトップ部分を使わず、直接グラスをかぶせてシェイク、お味の方はというと・・・・・、
「コアントロー入ってないじゃん!!」
超ドライなサイドカーを飲みつつ、北京の夜は更けてゆきました・・。
| by modernliving | 2009-04-20 16:25 | シモジイ | Comments(2)
Commented by modernliving at 2009-04-21 00:53
シモジイさま
北京からのブログアップ、ありがとうございます。冒頭のモノクロ写真がカッコよすぎて、編集部には大いなる脅威!基、刺激です。。。早速バーを楽しまれたこと。さすが足が(?)早い。何だかバブリーで楽しそう。またお話お聞かせください。
モモ
Commented by シモジイ at 2009-04-22 11:57 x
モモ様
コメントありがとうございます。今回は初中国、みんな自転車に乗ってるのかと思っていましたが、えらい車の量でした。市内もものすごい勢いで開発され、世界の経済状態などどこ吹く風の、元気いっぱい都市でした。
いや、それにしても人が多い・・・。