サローネ速報5/コウちゃん&マキオ

日本に帰ってまいりました!
ここでは、ミラノ・サローネの最終日に、
フライト時間、ぎりぎりまで訪ねた展示をお届けします!(コウちゃん&マキオ)

AM 9:50 フィエラ会場
ミラノの滞在5日目、ついに取材最終日。
土曜日ということもあって、会場も大混雑!!
5日間でどれくらい歩いたのでしょうか・・・。
そろそろ、足にも疲れが出てきましたが
ぐっとこらえて今日も取材に突っ走ります!(マキオ)
c0195791_19351927.jpg


AM 10:00 リーンロゼ
スタートはリーン・ロゼのブースで、若手デザイナー、フィリップ・ニグロの取材。
写真は、二グロが手がけた新作ソファ「コンフルアンス」。
ソファのパーツをずらして組み合わせたようなユニークなフォルム! 
このブランドは常に新しいデザインに挑戦していて、毎年新作が楽しみです。(コウちゃん)

c0195791_19355469.jpg


現地カメラマン、ミケーレさんと編集部コウちゃん。
展示ブースになだれ込む人を必死に食い止めての会場撮影も今日が最後です。
c0195791_1936138.jpg







AM 11:10 フォスカリーニ 
サローネは家具以外に、キッチンと照明を1年ごとにフィーチャーしています。
今年は照明の年。まず最初はフォスカリーニへ。
ロドルフ・ドルドーニのテーブルスタンドは本体がゴールド!
ドルドーニがわかりやすくゴールドを使うのは珍しいです。(コウちゃん)
c0195791_19371117.jpg


AM 11:45 フロス
さすがは、フロスのブースは大きい!
ブースの大きさ=ブランド力ということが分かります。(マキオ)
c0195791_1937067.jpg

ウルキオラ初の屋外用の照明。
c0195791_19372371.jpg


PM 12:10 アルテミデ
カリム・ラシッドの新作のフロアスタンド。
LEDを使った細いラインのデザインです。(コウちゃん)
c0195791_19374328.jpg


PM 12:30 ダネーゼ
深澤さんがデザインした照明「イトカ」。
まるでお供え餅のようです。(マキオ)
c0195791_19375821.jpg


PM 13:30 ローゼンタール
若手女性デザイナーのシルク・デッカーは、
紐であんだような陶器の作品を発表していました。
線の細さに技術の高さを感じます。(マキオ)
c0195791_19405676.jpg


PM 14:00 イケア
麦わら帽子をモチーフにしたプランター。
c0195791_19413178.jpg


クッションがノートのようになっている新作ベンチ。
背もたれと座面のクッションの絵柄で印象を変えて楽しめます。(マキオ)
c0195791_22313267.jpg


PM 14:20 マルタン・マルジェラ
フランスのファッションブランド、マルタン・マルジェラ。
相変わらず白一色の世界。
壁際の椅子やソファは白い布で包まれています。(コウちゃん)
c0195791_19423524.jpg


PM 15:00 ミラノ工芸大学
市街にある大学の大きな中庭も、サローネの展示会場に。
有名デザイナーが手がけた大きなインスタレーションから
モローゾ、デドン、フリッツ・ハンセンなど家具ブランドまで、
校内には、いたるところに屋外展示が。
青空のした触れて座って体験できるのもショールームや、
フィエラ展示会場とは、また違った楽しみがあります。(マキオ)
c0195791_19432111.jpg


ウルキオラがてがけた石のプランター&ベンチ。
ローゼンタールの陶器のようなデザイン。
ひと目でウルキオラだと分かりました。(コウちゃん)
c0195791_194334100.jpg


砂をしいてビーチを再現。エッグチェアも脚をとるとビーチチェアに。
c0195791_19434858.jpg

c0195791_2323990.jpg


PM 16:00 マンゾーニ通りのホテルのラウンジ
ホテルのラウンジ内も、サローネ期間中は照明の展示スペースに。
思わぬところでの作品との出会いもサローネの魅力です。
マンゾーニ通りの喧騒とはうらはらに、落ち着いた雰囲気で
しばし喫茶タイムを楽しみました。(マキオ)
c0195791_19445534.jpg


PM 17:00 サワヤ・モローニ
なぜか分かりませんが、貝殻のかたち。
でも、クラシックモダンなインテリアに合いそうです。(コウちゃん)
c0195791_1945898.jpg


PM 17:30 ドリアデ
ドリアデのショップはなんと言っても空間がすごいです!
歴史を感じる建物の中に、いくつもつくられたモダン家具のコーディネイト。
日本のショップでは考えられないような、
リアリティのある展示にイタリアの家具文化の強さを感じました。(マキオ)
フレスコ画が描かれたクラシカルな部屋に合わせていたのは
ザビエル・ルストの新作のオープンシェルフ「VIRGO」です。
c0195791_19453576.jpg


中庭には、フィリップ・スタルクの新作チェア「OUT/IN」が置かれていました。
今回は、室内でも屋外でも使える家具が多くありました。(コウちゃん)
c0195791_19452348.jpg



PM 18:30 ディエイチ・コルソ・コモ
ミラノで有名なセレクトショップ「10 corso como(ディエイチ・コルソ・コモ)」。
元イタリアVOGUE編集長がオープンさせたお店で、
洋服、アクセサリー、陶器、本などハイセンスな商品がいっぱい。
緑がたっぷりと配された併設のレストラン&カフェはいつも賑わっています。
宿泊していたホテルから歩いて数分ということもあり、空港に向かう前に、立ち寄ってきました。
なんとそこでは、ソットサス追悼の展示が・・・。
写真でしか見たことのなかったボクシングリングが目の前に!!!
リングの床は、畳であることに初めて気がつきました!!! (コウちゃん)
c0195791_19461080.jpg


アーティスト、クリス・ルスが手がけたコルソ・コモの屋上庭園。
グリーンに囲まれた空間で、しばし休息。今回のサローネを振り返りました。
c0195791_1946218.jpg

c0195791_19463382.jpg


PM 19:30 マルペンサ空港へ
帰国のフライトまであと2時間。
ついに美しいミラノの街ともお別れです。
街角から覗くドォーモもこれで見納めです。(マキオ)
c0195791_19471068.jpg

c0195791_19472451.jpg


翌日 PM 18:00 成田空港から帰路
約12時間のフライトの後、成田空港に到着。
マルペンサ空港で夕日を見ましたが、
着いた東京の高速道路でも夕日が・・・。
1日に2回も夕日を見るのは、なんだか不思議な感覚です。
トランクには、お土産の代わりに
各ブランドの展示ブースでもっらたプレスキット(写真データ)がぎっしり。
明日から、誌面づくりがスタートします!!
6月6日の発売をお楽しみに!!(コウちゃん&マキオ)
c0195791_19504695.jpg

| by modernliving | 2009-04-27 19:50 | ミラノサローネ | Comments(0)