カテゴリ:NEWS( 25 )
|

2015年11月29日、
横浜ランドマークタワー31階にある、ASJ YOKOHAMA CELLにて
「ラグジュアリー対談」と題し、
モダンリビング編集長下田結花と、建築設計事務所バケラッタの森山善之さん、
APOLLOの黒崎敏さん3人のスペシャルな対談イベントが行われます。

理想の住まいを手に入れるために
スモール、ミディアムからラージスケールまで日本の住宅に合ったインテリア選びについて語ります。

日時/11月29日 14:00~15:30
会場/建築家情報空間 ASJ YOKOHAMA CELL 
     横浜ランドマークタワー31階
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
問い合わせ/アーキテクツ・スタジオ・ジャパン 03-3448-1232

入場無料ですので、みなさまぜひお越しください。

    
| by modernliving | 2015-10-29 12:56 | NEWS | Comments(0)


青山スパイラルにて、トーヨーキッチンスタイルの妖しのインテリア展が開催中!

c0195791_18291651.jpg




フレデリックモレル、ボクジャ、グフラムはじめ、たくさんの元気が出る展示!

c0195791_18293931.jpg
c0195791_18331255.jpg
c0195791_18294571.jpg


インテリアをもっと豊かに!を、キーワードにするトーヨーキッチンスタイルならではの
これからのインテリアをリードする刺激的な世界観を是非。
展示は今週の日曜日まで!



★.。.:*・゚★.。.:*・゚Facebookアカウントはこちらから!!.:★.。.:*・゚★.。.:*・゚

モダンリビングfacebookでは、日々の暮らしを彩るインテリアのヒントや、
撮影の裏側公開、展示会レポなど情報満載!

モダンリビング公式facebookはこちら↓↓
https://www.facebook.com/modernliving.jp

編集長・下田結花facebookはこちら↓↓
https://www.facebook.com/yuka.shimoda.56


皆様の「いいね!」お待ちしております!!!!

★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚

| by modernliving | 2014-12-12 18:37 | NEWS | Comments(0)
2014年12月3日にアルフレックス ショップ 東京で
第10回 モダンリビング大賞&グランドチャンピオン 授賞式・パーティ
が開催されました。

c0195791_18322391.jpg

モダンリビング大賞とは…
年間6冊のモダンリビングに掲載される住宅作品の中から、毎号の読者アンケートにより、もっとも人気の高かった住宅の建築家と建て主にモダンリビング大賞・ベスト6賞を授与するもの。
さらに、その中から読者の投票によって大賞、準大賞を決定します。
ノミネート作品は、こちらの記事をご覧ください!


モダンリビング大賞10周年となる今年は、モダンリビング大賞・グランドチャンピオンの授賞式も開催。
これは、第1~9回の歴代モダンリビング大賞の中から、読者投票により、グランドチャンピオンを選出するものです。
ノミネート作品は、こちらの記事をご覧ください!

c0195791_18320638.jpg
授賞式スタート直後から会場は大賑わい!
最後には、豪華抽選会も行われ、熱気あふれる舞台となりました。
当日、ご来場いただい皆さまに心より感謝申し上げます。


それでは、読者が選んだ、第10回モダンリビング大賞、準大賞、そしてグランドチャンピオンを発表します!!!



第10回 モダンリビング大賞

八ヶ岳の家
設計/城戸崎博孝+佐野優子 城戸崎建築研究室
所在地/長野県茅野市 家族構成/夫婦 撮影/川辺明伸[ML211号掲載]

c0195791_18271643.jpg
c0195791_18271601.jpg
c0195791_18271632.jpg

「大好きな八ヶ岳の景色を、存分に眺められる別荘にしたい」という住み手の要望から、
建築家の城戸崎博孝さんが提案したのは、建物の約半分にあたる90㎡が空中に飛び出した平屋。
3面開口のLDKはサッシを天井や床に埋め込むなど、眺望の妨げになるものを極限まで排除している。
北側に設けた細い玄関から室内に一歩足を踏み入れると、雄大な山々の迫力ある光景が目の前に広がる。
朝日から夕景まで、刻々と移り変わる美しい眺めを独り占めできる別荘だ。

c0195791_18330248.jpg
受賞された建築家の城戸崎博孝さん、佐野優子さん、建て主様。おめでとうございます!
笑顔が素敵です!



第10回 モダンリビング準大賞

SO house
設計/森山善之+竹内典子 建築設計事務所バケラッタ
所在地/東京都港区 撮影/下村康典[ML213号掲載]
c0195791_18262394.jpg
c0195791_18262455.jpg
c0195791_18262368.jpg

高級住宅地に建つこの家は、プライバシー確保のため中庭を囲むようにロの字型に建物を配置。
「規模の大きい住宅は、単に内に開くだけでは深みのない家になってしまいます」と建築家の森山善之さんと竹内典子さん。
そこで提案したのが屋外にリビングとダイニング、2つのテラスをもつプラン。
ガラス張りの内部空間は、外部の景色を取り込んだ視覚的広がりに加え、“豊かさ”をもたらす。
家具や設備、素材など細部までラグジュアリーを追求した都会の豪邸だ。

c0195791_18332137.jpg
受賞された建築家の森山善之さんと竹内典子さん。結果にとても驚いていらっしゃいました!
おめでとうございます!




モダンリビング大賞 グランドチャンピオン

I-HOUSE
設計/窪田勝文 窪田建築アトリエ
所在地/広島県廿日市市 家族構成/夫婦+猫2匹 撮影/下村康典 [ML158号掲載] 
※2005年度 第1回モダンリビング大賞受賞作品

c0195791_18253284.jpg
c0195791_18253264.jpg

c0195791_18253355.jpg
大海原に突き出したように建つ「I-HOUSE」。
らせん階段を通って2階に上がると、3面開口のLDKから、美しい海の景色が一面に広がる。
「単に眺めがいい家にするのではなく、中に入って初めて心が解放される空間にしたいと考えました」と語るのは設計を手がけた窪田勝文さん。
道路側を完全に閉じることで空間に緩急をつけた、LDKで過ごすときにいっそう広がりを感じることのできる住まいだ。

c0195791_18332454.jpg
グランドチャンピオンに輝いた建築家の窪田勝文さん。おめでとうございます。
受賞後も建築について熱く語っていらっしゃいました。

授賞式の模様は、次号のモダンリビング219号(2/7発売号)でもくわしくご紹介いたします。
お楽しみに!!!



| by modernliving | 2014-12-04 18:43 | NEWS | Comments(0)
“新鋭作家による新しいやきものの表現の場”として
企画展を開催しているINAXガレリアセラミカで、
2月5日(金)より新宮(しんぐう)さやかさんの個展が行われます。

新宮さんの作品は花や実のかたちをした黒い陶のオブジェ。
その特徴は、本来色とりどりである植物が
モノクロ写真のように黒色に置き換えられていること、
花芯などの部分が独特の針状のもので埋め尽くされ、
別の生きもののような生命力を感じさせることです。

針状の部分は、風に波立つようにうねるかたちがダイナミックで、
大きなムーブメントを感じさせ、
一方で黒く乾いて枯れた色合いには死を連想させる暗いイメージがあり、
生と死の両面を合わせもった不思議な作品です。

黒色の理由には、やきものの儚いイメージを払拭する
強い存在感をつくりたかったとのこと。
黒一色でありながら艶やかな存在感を放つ、
新宮さんの作品をぜひ会場で見てみてください。

■新宮さやか展
会期/2月5日(金)~3月2日(火)
休廊日/日曜・祝日
開館時間/10:00~18:00
会場/INAXガレリア セラミカ
    東京都中央区京橋3-6-18 INAX:GINZA2階
    ℡03-5250-6530
観覧料/無料    

c0195791_12425696.jpg

| by modernliving | 2010-01-25 12:45 | NEWS | Comments(0)
モダンリビングの188号(今号)より新連載になった「世界の建築家」に
寄稿してくださっている建築ジャーナリスト淵上正幸さんが
講師を務めるコルビュジエ&カーンを見るインド建築探検ツアー”のご案内です。

コルビュジエの唯一完成した都市計画として知られるインドのチャンディガール。
そこはチャンディガール議事堂、高等裁判所、合同庁舎をはじめとする
数々の名作が建てられたコルビュジエ建築のメッカです。
コルビュジエ作品の訪問地のもうひとつはアーメダバード。
コルビュジエは3つの美術館を建てていますが、
ひとつは上野の「国立西洋美術館」で、あとのふたつは
「チャンディガール美術館」と「アーメダバード美術館」なので、
今回のツアーに参加される方は、「西洋美術館」を見れば、
コルビュジエが手がけた3つの美術館をすべて見たことになります。
アーメダバードには、そのほか実際に住まれている住宅も2軒あり、
中を見せていただける物件もあります。
その他ルイス・カーンの大作「インド経営大学」はその大振りのデザインが
かなりの迫力で圧倒されます。
このツアーは、気候が最も良い3月に設定し、インドにある両巨匠の作品を
すべて見ようというものです。
食事はすべて付いており安心ですし、添乗員も同行です。


「コルビュジエ&カーンを見るインド建築探検ツアー」
期間:2010年3月7日(日)~3月13日(土) 7日間
旅費:372,000円
訪問地:チャンディガール、アーメダバード、ニューデリー
締切:2010年2月5日(金)
講師:淵上正幸(建築ジャーナリスト)さん
主催・お問合せ先:近畿日本ツーリスト
            森田さん・木全(きまた)さん ℡03-3341-2411



c0195791_12522216.jpg

                           チャンディガール議事堂
| by modernliving | 2010-01-20 17:54 | NEWS | Comments(0)
東京・青山に店舗を構えて40年の歴史をもつ
ヴィジュアル洋書の専門店、嶋田洋書店にて、
期末総決算バーゲンが行われます。

美術、写真集、建築、インテリア、ファッション、デザイン、
ガーデン、フラワーアレンジ、自動車、絵本といった
さまざまなジャンルの洋書が
2月13日(土)から21日(日)まで、
通常の70%~20%OFFにて購入できます。
超目玉商品も多数用意されているそうです。

この機会にぜひお店をのぞいてみてください。


会場:嶋田洋書店店舗内特設コーナー
期間:2月13日(土)~2月21日(日)
住所:東京都港区南青山5-5-25 T-PLACE 1F
営業時間:11:00~20:00
休業:年中無休
電話:03-3407-3863

c0195791_16184938.jpg

| by modernliving | 2010-01-14 15:44 | NEWS | Comments(0)
東京オペラシティアートセンターで来年1月16日より、
「エレメント 構造デザイナー セシル・バルモンドの世界」が開催されます。

セシル・バルモンドは、エンジニアリングの枠を超えて
建築家と創造的な協働を行う構造デザイナー。
「丘の上に空飛ぶ絨毯のように家を飛ばしたい」
「運動がみなぎる四角の箱をつくりたい」
――建築家から寄せられる様々なリクエストに独自のアプローチで挑み、
世界中の建築家から期待と信頼が寄せられています。

バルモンドがデザインする構造は
その建築を訪れる人びとの奥底に眠る原始的な本能を呼び覚まし、
感覚と知性を刺激します。
自然の形を単に模倣するのではなく、その根源にあるものを抽出して
広がりを持った幾何学へと展開するバルモンド。
この展覧会では、展示室をいっぱいに使ったインスタレーションによって、
バルモンドがひらく建築の新しい世界を体験できるでしょう。

期間:2010年1月16日[土]─ 3月22日[月・祝]
会場:東京オペラシティアートギャラリー(3F ギャラリー1・2)
開館時間:11:00 ─ 19:00
(金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(3月22日は開館)、2月14日(全館休館日)
入場料:一般1,200円(1,000円)、大学・高校生 1,000円(800円)、
中学・小学生 600円(400円)

c0195791_14445079.jpg
お問い合わせ:東京オペラシティアートギャラリー 03-5353-0756
| by modernliving | 2009-12-24 15:11 | NEWS | Comments(0)
弊誌187号の『News』でもご紹介した「NPO法人家づくりの会」による
冬のセミナーが、年明け1月24日(日)、31日(日)に開催されます。
今回のテーマは、『あたたかい家のつくりかた』。
寒い冬をどう過ごすか、建築家と一緒に考えてみませんか。

会場:アクタス新宿店2F
    (東京都新宿区新宿2-9-1 BYGSビル1・2F)
日時:2010年1月24日(日)・31日(日)  14:00~16:00
定員/参加費:定員は各20名。参加費は無料。事前予約が確実です。
お問合せ・お申し込み:家づくりの会(℡03-5360-8061 担当/石黒・長浜)
              アクタス新宿店(℡03-3350-6011 担当/高日)
c0195791_12361694.jpg

| by modernliving | 2009-12-11 12:16 | NEWS | Comments(0)
つくり手が商品に込めた想いを生活者まで届ける、
「NIPPON MONO ICHI(ニッポン・モノ・イチ)―クリエーション・スピリッツ―」が
2009年12月7日(月)から9日(水)まで、
東京・南青山スパイラルギャラリー1階ギャラリーで展示されます。

これは、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が開催している、
ニッポンの心がこもったモノづくりを消費者である生活者に伝えるイチ(展示会)、
「NIPPON MONO ICHI―和のある暮らしのカタチ展―」を発展させたもので、
つくり手である地域中小企業が、商品が生活者に届くまでに必要なノウハウを、
有識者からの評価、大規模展示会への出展等を通じて体得することを目指しています。

今回の展示会は、ファッション・雑貨分野に取り組む地域中小企業140社の中から
選出された30社が参加します。
地域資源を用いたファッション、ファッション小物・雑貨、ジュエリー、
伝統に培われた職人の技と粋を集めた漆器、陶器、ガラス食器といった
テーブルウェア、ステーショナリーなど、つくり手の想いが込められた
各地域が誇る商品が勢ぞろい。
知らなかった日本各地の名品に、出会うことができるかも。

[NIPPON MONO ICHI(ニッポン・モノ・イチ)―クリエーション・スピリッツ―]
 期日:2009年12月7日(月)~9日(水) 11:00~20:00
 会場:青山スパイラル1階ギャラリー
    東京都港区南青山5-6-23 ℡03-3498-1171


c0195791_16483640.jpg

          (↑ 写真は、京都市の株式会社日吉屋の照明「古都里」。
            京和傘を太陽にかざした時の和紙を透かした優しい光と
            幾何学模様の織りなす竹骨の美しさが魅力。
            日吉屋は京和傘の意匠・構造を活かした新型和風照明の
            開発及び販売を行っています)
| by modernliving | 2009-12-02 15:55 | NEWS | Comments(0)
クリナップの調査によると、全国にお住まいの30~60代の既婚女性の7割以上の方が、大掃除を行うのは12月と回答し、家の中の大掃除で手間のかかるところは「キッチン」との回答が9割近くあったそうです。しまっている道具も多く、毎日使っている水回りなので、汚れもたくさんたまっているキッチンは、大掃除のなかでも大変さが抜きん出ているようです。また、キッチンの大掃除のなかで手間のかかるところの1位はレンジフード回りでした。
レンジフードのお掃除で手間がかかることは、なんといってもファンの油汚れ、フィルターの油汚れなど、レンジフードの内部の汚れ。見えにくく、油でべたべたなレンジフードの内部の汚れにはみなさん諦めがちなようです。
ではどんなお掃除をしているかといえば、毎日使う場所なのに、お掃除は「年に一度」。ファンを洗う、フィルターを洗う、整流板を拭くといった、どのお手入れも年に一度の大掃除の際にお手入れされる方が多いようです。一年分の油汚れを落とすのは、大掃除で最も苦労する作業のひとつになっているのではないでしょうか。

ところで、レンジフードが自動でフィルターをお掃除してくれる商品があるのです! クリナップが業界で初めて発売をはじめた、その名も「洗エール」!!
使い方はとっても簡単。給水タンクにぬるま湯をセットするだけで、約10分間、フィルターを自動洗浄。掃除完了後汚れた水を捨てれば終了です。月一回の洗浄で約10年間フィルターを取り外さずに掃除ができるそうです。
また、ファンも独自開発の大型ファンで、汚れが付きにくい撥油加工がされており、強力な遠心力で羽根に付いた油汚れを吹き飛ばし、油分を排水トレイに集めるそうです。なので、日常のお掃除は手の届くところを拭くだけ。
さらに、手洗いに比べて一回で約27リットルもの節水に。手洗いでは、水道代だけでなく、洗剤代やスポンジなどの掃除用具を買ったりというランニングコストもかかります。経済的な節約にもエコにも貢献できる、「洗エール」。今年の大掃除を前に、考えてみてはいかがでしょうか?

c0195791_19373119.jpg

| by modernliving | 2009-11-19 13:05 | NEWS | Comments(0)
|