カテゴリ:ゲスト( 4 )
|
この度は失礼をいたします。
毎度お世話になっております、シモジイ事務所のマツモでございます。
フィンランドのお土産に下田編集長にいただいたアアルトデザインの「キャンドルスタンド」は、新色の美しいウォーターブルー!「これは、ぜひともお花を活けてみたい・・・」
c0195791_16303166.jpg
それが、実はどんな花の色とも絶妙にマッチする色なのです・・・そして、この浅さ加減がいいかんじ。
時に枝ものなどは、ちいさな剣山に挿してみると具合よく収まります。
最近の一番は、睡蓮でした。くるくると巻かれた葉はとても愛らしく
見た目にとても涼やかで、俯瞰してもよい感じです。
c0195791_16304171.jpg

お花を花器に活ける時、グリーンに水やりをする時など、私の心まで充分に潤してくれるアアルトベースは、そんな時間を一層豊かなものにしてくれる大切なものとなりました。
下田編集長、素敵なお土産を本当に有り難うございました。

社長のコメント:スタジオ使用料は給料から引いておくからね。
| by modernliving | 2010-06-13 16:36 | ゲスト | Comments(4)
東京芸術大学美術館 で開催中の天野太郎展に行ってきました。
天野先生はフランク・ロイド・ライトに直接師事した後、
日本で有機的な建築を設計した建築家で、
芸大の建物や黒澤明監督の家も設計しています。
もう亡くなっていますが、実は僕が高校生のときにお会いしたことがあります。
というのは親友のお父様だからです。
よく遊びに行っては天野先生の書斎をその息子である親友と占拠してレコードを聴いていました。
先生の部屋にステレオセットがあったからですが、西洋と日本が自然に融けあい、家の周りの自然と美しく調和しているその部屋は、あまりにも素敵で居心地が良く、僕達は海の見えるその部屋の縁側でマイルスやチック・コリアなどJAZZを聴きまくっていました。
その後、仕事で家を撮影するようになり、内外の多くの家をみてきましたが、この天野先生の部屋以上に素敵な空間にはなかなか出会えないようです。
会場には天野先生が、アリゾナ タリアセンのライトの元にいたころ撮影した素敵な写真によるスライドショーもありました。

(会場は撮影禁止なので、階段のポスターの写真です)
c0195791_12172014.jpg
| by modernliving | 2010-05-22 12:29 | ゲスト | Comments(2)
毎年ミラノ・サローネへ撮影に行くが、とても大変なのは人が多いこと。
来場者の失礼にならないようひたすら人波が落ち着くのを待つ。

TOKYO DESIGNER WEEK 最終日の撮影の仕事の合間に、100%DESIGNに出品中のポールくんを見に行った。
写真を撮ろうと思ったが、なかなか人の波が切れないまま仕事へ戻るはめに。
だけど、下田編集長、シミリエ姫がちゃんと撮影してくれていた。

http://mdnlvng.exblog.jp/12796282/
http://mdnlvng.exblog.jp/12793247/

c0195791_2255559.jpg

c0195791_226734.jpg
c0195791_2261787.jpg

c0195791_22311090.jpg
c0195791_22311838.jpg

| by modernliving | 2009-11-04 23:30 | ゲスト | Comments(0)
c0195791_16525685.jpg

この週末に、昨日が最終日の神奈川県立近代美術館の坂倉準三展に行ってきました。

家のすぐ近くなのにいつでも行けると思っていて結局ギリギリセーフ。
展示は図面や写真、模型が中心でしたが、なんと言ってもこの建物自体が作品で、
僕の大好きな場所でもあります。
気に入っているので、皆さんご存知なことは承知で解説してしまいますと、
写真は1Fのテラスですが、中庭から池に向かってゆったりとしたスペースになっていて、
このテラスの左側の部分には昔からずっと革を張ったイスが置いてあります。

太陽が南に来ると水面の反射の波紋が天井に綺麗に映し出されます。

この張り出した天井の上は喫茶室で、境内の緑に囲まれて太陽を浴びながら外気の中でお茶できます。

 いつのまにかグリーンカフェの視線になってしまいました!?

 キムさんともニアミスしていたようでした。

                                photographer  矢野信夫
| by modernliving | 2009-09-07 19:06 | ゲスト | Comments(1)
|