<   2009年 11月 ( 90 )   > この月の画像一覧
|
 名作住宅についての本は多い。しかし、その多くは建築としての名作住宅であって、そこに暮らすことにフォーカスした本はあまりなかったように思う。

 「アメリカの名作住宅に暮らす」(田中厚子・著 村角創一・写真 建築資料研究社 定価 本体¥2,400+税)は、アメリカで今も使われている名作住宅を訪ね、レポートした一冊だ。建ってから数十年経ち、持ち主や住み手が変わってしまっている住宅も多いが、どの家も美しく「継続」されている。

 そこに見い出せるのは、住み手の住宅の対する深い理解と愛着である。

 大きな家も小さな家もある。それぞれに管理やメインテナンスには大変な労力と費用がかることは予想に難くない。しかし、ここに登場する住み手は、みなそのことを歓びとして受け入れているように見える。

 住宅はどれも時間と風格が備わり、美しい。数十年前、建築家と建て主の思いが寄り添い、出来上がった建築は、今の住み手によって大切に継承されている。
 
 住宅と生活ーーそれが切り離せないものであることを、改めて感じる一冊だ。

c0195791_2203521.jpg
著者は、一軒一軒、調べ、手紙やメールで連絡を取り、訪ねていって話を聞いた。その時間と道程もこの本の中に、畳み込まれている。

c0195791_221045.jpg
私が心を引かれた、ルイス・カーンの設計した最後の家「コーマン邸」。親子2代に愛された家は、アートのように輝いている。

c0195791_2211849.jpg
端正という言葉以外見つからない、整然と整った室内とそこから見渡せる芝生。

c0195791_2213940.jpg
こんな家に住んでみたい、と素直に思ったチャールズ・ムーア+ウィリアム・ターンブル設計の「スミス+ケノン邸」。

c0195791_2215069.jpg
ほぼ長方形の外観からは、想像できないほど変化に富んだ内部。リビングや風呂からは、直接それぞれのテラスに出ることができる。外と中をつないだ豊かな空間構成。
| by modernliving | 2009-11-30 23:17 | 下田 | Comments(0)
c0195791_15425760.jpg

先日パリへのブルゴーニュ畑旅から帰国した
友人からいただいたチョコレート。

本当に美味しかった。


辛党のシミリエ姫の好みemoticon-0140-rofl.gif

オレンジピールのチョコも好きなのですが
なんとこれは、中がしょうが。
本当にシックな味。

同じ素材でも組み合わせ次第で
ぐっと
シックで大人になる。
料理もですが、インテリアのコーディネイトも同じだと思う。

たとえば、花。

ピンクのバラがあったとする。
これにかすみ草を合わせては
私にはsweet。

でも、同じピンクのバラだけで束ねて
シルバーの四角いフラワーベースに埋めるように入れたらどうだろう。

急にシックになるはずだ。

素材は組み合わせ次第。






しょうが好きのわたくしは、赤ワインのおともに
とても気に入りました。

PATRICK ROGERの甘いけれど辛い味。

こんなところにコーディネイトのヒントがあるんです。


emoticon-0140-rofl.gifemoticon-0140-rofl.gifemoticon-0140-rofl.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0148-yes.gifemoticon-0148-yes.gifemoticon-0148-yes.gif
| by modernliving | 2009-11-29 15:42 | シミリエ | Comments(0)
emoticon-0157-sun.gifemoticon-0157-sun.gif
c0195791_15565090.jpg


港区とは思えない・・・。

60m2の植栽に囲まれたルーフガーデン。
その一角にある円形のバブルバス。

そのそばには桜の木も・・・。

bbqができるミニキッチンも。emoticon-0136-giggle.gif

「とにかく屋上バスは汚れるので、汚れないように・・・と、ポリカの屋根(電動で開閉)をつけて
、メンテがラクにしました」と建築家の平野敏之さん。

今、リビングよりキッチンより、「お風呂を気持ちい場に」という
気分が高まっている。

毎号いろいろな実例を見ていてそう思う今日この頃、
皆、服や社会やいろいろなものから開放されたいんですよね・・・。

その「開放されて過ごしたい」という思いの解決策が、バスルームなんです。
やっぱり裸って、気持ちいいい。
住居の原点です!

あとは最新号を買って読んでくださいね。emoticon-0169-dance.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0169-dance.gifemoticon-0169-dance.gif

わたしも家では「裸族」ですemoticon-0136-giggle.gifemoticon-0129-call.gif



| by modernliving | 2009-11-28 18:55 | シミリエ | Comments(0)
暮らしにどう自然を取り入れるか? ということには、
建築家も住み手も少なからず普遍的に関心を持っていると思います。
ただ、今年はそれがいろいろな形で顕著に表れていると実感しました。
サローネでもフロントやガエターノペッシェが、
自然をデフォルメしたソファを発表していました。

この2枚の写真は、オゾンで行われたモダンリビングのイベント会場を撮影したものです。
インスタレーションでも実験的な展示でもなく、ただ、一般的なエバーフレッシュを置いただけ。

ただし、大きくて枝が広がっているもの選ぶことが重要です。
スポットライトの下に置けば、木陰も木漏れ日もできます。
葉に光が透けてなんとも気持ちがいいです。
影はフローリングに素敵な模様を描いてくれます。
立派な庭があるよりも、リビングにある鉢植え1本のほうが、
身近に自然を感じることができるかもしれません。

部屋の隅っこになんとなく樹形の美しいグリーンを置くのでなく、目的をもって選ぶこと。
今年1年はグリーンを毎号、少なからず企画にしていました。
来年、2月発売号は、こういった経験を生かしてさらにパワーアップしたグリーンの
テーマを企画中です。どうぞ、お楽しみに!!!



c0195791_2311376.jpg


c0195791_23115743.jpg

| by modernliving | 2009-11-28 00:09 | コウちゃん | Comments(0)
 モダンリビング188号(12月7日発売)も間もなく校了する。今回の特集テーマは、「夢のバスルーム」。そこで、表紙は当然ながら、バスルームの写真・・・となるかといえば、簡単にはそうはいかない。

 表紙の写真には制約が多い。まずロゴがのる背景。コンテンツがのるスペースがあるかどうか、読みにくくないか。表紙としてのインパクト。キャッチとの相性などなど。しかも表紙はひとつだけ。オール・OR・ナッシング!!

 アートディレクターの瀬田祐二さん(BLONCO)は、いつも何点かの表紙のデザインを提案してくれるが、今回は特別多かった。なんと5パターン! 全部ロゴ色が黄色なのは、たまたま。それぞれの写真にのせて映える色をセレクトする。

 お風呂もあるし、お風呂でないものも・・・。お風呂の写真は、正直、表紙には難しい。住宅の外観ほど、ドッカーンという感じにはなりにくい。どれもいい。どれも使いたい。

 しかし、やっぱり表紙はひとつだけ(当然!?)。

 ここに見えているのは、残念! 幻に終わった表紙です。

 激戦を勝ち抜いた表紙は? 188号のモダンリビングをお楽しみに!

PS  いち早く知りたい方は、12月4日20時〜のBS11(BSチャンネル211)の「ベストセラーBOOK TV」をご覧くださいね! モダンリビングが私とともに登場します!

c0195791_12536.jpg

| by modernliving | 2009-11-27 23:25 | 下田 | Comments(0)
クライアントであるインテリアデザインの会社から、近々六本木にオープンするキャ○○ラに飾るアート写真の依頼がありました。
お店の名は「ZOO」、悪い予感がしました。
「猛獣たちの牙のアップや爪のアップなんかがいいなぁ」とデザイナー、そんなに近づいて咬まれたらどうするのさ!!って、どこで撮るの?サファリパーク?
天王寺動物園でいいですよ」ちょっと安心しました、ZOOだもんね。で、納期は?「すみません、週明けで」
聞いたのは金曜日、土日は撮影が入ってる。ぎえ〜っ、半日しかあいてないよ!!
c0195791_18312835.jpg
というわけで、ちまたでは3連休の最終日である勤労感謝の日の午後、家族連れでごった返す天王寺動物園に行ってまいりました。

続きはコチラ・・・
| by modernliving | 2009-11-27 18:41 | シモジイ | Comments(4)
c0195791_15263072.jpg

emoticon-0130-devil.gifemoticon-0165-muscle.gif

やはり、いちばん行く比率が高いのは
ここ!!
麺飯坊でございますよemoticon-0140-rofl.gif

私が好きなのは、海老入りそば。。
もしくは、
この塩ネギにコーンともやしをトッピングに!!

残業のとき、元気の素です!
| by modernliving | 2009-11-27 15:28 | シミリエ | Comments(0)
 手紙を書くことがめっきり減った。メールは毎日、かなりの数をやりとりしているが、手紙の質感はやはり違う。

 北海道の母から手紙が届く。いつも、季節の絵柄のはがきに毛筆で書かれている。それを見る度に、手書きの文字と、手紙という時間は特別なものだと思う。それを書いている間に流れる感情を感じるからだろうか。

 今、時代はデジタル。でも、だからこそ、「手紙」という人の温もりを感じさせるものの意味が、重くなっているように思う。ほんのひと言でも、いや、ひと言だからこそ、美しいカードや手書きの文字に意味がある。

 それは、言葉のエッセンスである「詩」のようなものなのかもしれない。

c0195791_21322610.jpg
 クレインのカードに、10㎝ほどの小さなサイズを発見。このサイズ、郵送は不可だけれど、お届けものに添えたり、コメントを書いて机に置いたり。グリーン気分の今にぴったり。六本木ミッドタウンの伊東屋で購入。頂いた人が明るくなるようなこんなカードが手元にあると、手紙を書きたくなる。 
| by modernliving | 2009-11-26 20:47 | 下田 | Comments(0)
c0195791_193545.jpg


机に張り付いて、慌しく色校や文字直し・・・・・
落ち着かないMODERN LIVING。

今日が最終日・・・・のはず。


小腹のすいた夕方には、友人の青木貴子さんが手作りのレバーパテを
差し入れてくれました。

美味しい!!emoticon-0140-rofl.gif



c0195791_1945929.jpg


ノリノリで気持ちよく食べるナナ。
c0195791_1974234.jpg


そして、なんとか本ができるとよいのですが
がんばりまーす

emoticon-0157-sun.gif
| by modernliving | 2009-11-26 19:06 | シミリエ | Comments(0)
c0195791_13551018.jpg


ただ今、校了、真っ最中。
机からなかなか離れることができません・・・。
もちろん、ランチにも出られず・・・。

そんなときに!
シミリエ副編集長様から、とっても素敵なランチセットをいただいてしまいました。

c0195791_13551852.jpg


会社の中&デスクの上の光景とは思えません。
ちょっとしたレストランに行った気分になれます。

しかも、すべてシミリエ副編集長とお友達の方の手づくり&オーガニックだそう!
たくさんの野菜と魚が使われています。
さすが、エコ婦人!!

9種類のおかずがあって、食べていて飽きません。
しかも、野菜の味がとてもよく引き出されていて、
大地の力を感じました。

c0195791_13552471.jpg
この梅干は、会社の近くの梅干専門店で買った「パイロウメ」なんだそう。
めっちゃジューシーでフルーツのようです。

c0195791_13553091.jpg
もっちもちの玄米ご飯。鮭のフレークとごまのふりかけをかけて。
しょっぱい鮭の味が食欲をそそります。
c0195791_13553672.jpg
そして、シミリエ姫が人生初めてつくったという、めでたい塩辛。
これ、本当においしい!ご飯が何杯でもおかわりできます。
ついでにビールも飲みたくなる感じ…。

スーパーのお弁当にも、もう飽きた…
という私の胃にやさしく染み渡りました。

皆さんのおかげで生きている、という壮大な感謝の思いを抱かされる
デスクランチでした!
| by modernliving | 2009-11-26 14:03 | ナナ | Comments(0)
|