<   2011年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
|
次号の「すっきり暮らしたい 整理とインテリア(仮)」の取材のため、
インテリアデザインのプロでユースも手掛ける建築家の押野見邦英さんの自邸のマンションに取材に行ってきました。23年間住み続けているマンションは、間取りの変更はせずに床や壁の素材、
建具などを変えて、家具や小物をアレンジしながら、現在のスタイルに今は落ち着いているそうです。
住み手の趣味や日々の生活を受容しつつ、美しく整えられた部屋はまさに理想的。
こういうふうに暮らせたらいいな、と素直に思える住まいでした。

c0195791_10111370.jpg


椅子、ソファ、収納、照明、家電など、すべてがしっくりと収まったリビング。
日々の暮らし、仕事との関係・・・など、長い時間とその時々の暮らしのなかで
今のかたちになった。

c0195791_10115764.jpg


マンションも手掛ける押野見さん。手掛けた事例も「行き過ぎない提案のあるモデルルーム」はそれも素晴らしかった! 編集長の下田も興奮!

c0195791_10122883.jpg


庭も素晴らしい! 23年前に植えた木が大きく育って気持ちのよい木陰をつくっていました。
マンションの1階とは思えない静かな時間。カメラマンの山本さんも「いいですね〜」を連発。

c0195791_101324.jpg


撮影の途中、奥さまが美味しいおそばを振る舞ってくださりました。干しエビがアクセントになった優しい味。洗いやすいプラスチック製のランチョンマットも素敵でした。インテリアだけでなく、食も衣もすべて含めて暮らし。その大切さや難しさ、楽しさを改めて痛感した取材でした。

4月発売の60周年記念号で詳しく紹介しますので、是非チェックしてみてください!
| by modernliving | 2011-02-28 10:44 | コウちゃん | Comments(0)
はーい。

曇りの予報がまた、晴れております。

次号の撮影で。さいたま市へ。
設計は今永和利さん。

乞うご期待!

c0195791_1833346.jpg

| by modernliving | 2011-02-26 22:33 | シミリエ | Comments(0)
c0195791_1442078.jpg


ひさしぶりにオーチャードホールへ。

世界初公演のMIRADA。

初めてタンゴを見たのですが、衣装も踊りも構成もモダンで、印象的。

とても素晴らしかったです。
マリア・パヘスの存在感と踊りの華やかさはさすが!

ほら、お友だちがサインまで、もらってきてくださった!!!!!

まだ、やっているので、是非。
| by modernliving | 2011-02-25 14:40 | シミリエ | Comments(0)
c0195791_1424583.jpg


ということで、第三回目は、モダンリビングのケーススタディハウスの第一号、
「石津謙介邸」です!

今は、ご長男の祥介さんご夫妻が暮らしていらっしゃいます!

次号に乞うご期待
| by modernliving | 2011-02-24 14:26 | シミリエ | Comments(0)
今回で5年くらい,「住まいの環境デザインアワード2011」
審査員をさせて頂いています。
一年一年,少しずつ傾向が違い,環境と住宅の関係の移り変わりを感じます。

今回、受賞された住宅を見ると,「環境」を大切な要素として考えることが
当たり前になってきているだけでなく,
デザインとの一体化も自然な形で実現しています。
それとともに、「環境」とは何か,という根本的なことも考えさせられます。

授賞式では、多くの建築家の方たちとお目にかかってお話でき、
とても楽しい時間でした。

-----------------------------------------------------------------------------------------
以下<受賞作品> 

グランプリ(1作品)石神井の家 Pioggia e Sole
峯田 建+恩田 恵以/スタジオ・アーキファーム
環境デザイン最優秀賞(1作品)所沢の家 棟尾 聡/棟尾建築設計工房
住空間デザイン最優秀賞(1作品)FLAT 大江 一夫+大江 泰輔/マニエラ建築設計事務所

環境デザイン優秀賞(2作品)バルサミオ邸 高橋 博朗+高橋 彰子/高橋博朗建築設計事務所
旭川の家 リフォームのヨシ
住空間デザイン優秀賞(2作品)コエドの家 敷浪 一哉/シキナミカズヤ建築研究所+
白子 秀隆/白子秀隆建築設計事務所
綾瀬の住宅 納谷 学+納谷 新/納谷建築設計事務所
入賞(3作品)東向日の住宅 荒木 洋+長澤 浩二/AN Architects
靄靄(あいあい)コヤ 平野 正典+名和 研二
inside house + outside house 保坂 猛/保坂猛建築都市設計事務所

【ビルダー部門】
ビルダー部門賞(3作品)ものみ台のある家 池田 浩和/岡庭建設
現代風数寄屋の住まい 詫摩 和夫/タクマ建築設計事務所
旭川の家 リフォームのヨシ

【暮らしデザイン部門】
LiVES賞(1作品)太子堂の家 山中 祐一郎+野上 哲也/S.O.Y.建築環境研究所
モダンリビング賞(1作品)inside house + outside house 保坂 猛/保坂猛建築都市設計事務所
SUMAI no SEKKEI賞(1作品)たまらん坂の家 森 清敏+川村 奈津子/MDS

【ベターリビング部門】
ブルー&グリーン賞(1作品)所沢の家 棟尾 聡/棟尾建築設計工房

【特別賞】
東京ガス賞(3作品)赤堤 緑道の家 坂本 政彦/ピー・アイ・イー
Off the Wall - 石神井台の家 水谷 俊博+水谷 玲子/水谷俊博建築設計事務所
中庭がもたらす都心のくつろぎ 寺島 茂/テラジマアーキテクツ
大阪ガス賞(3作品)方形の家 浅見 俊幸+戸﨑 千晴/浅見俊幸建築設計室
環境共生住宅「古室の家」 黒瀬 信幸/KADeL
ES house-02 矢田 朝士/ATELIER-ASH
| by modernliving | 2011-02-23 23:55 | 下田 | Comments(0)
最近,私が毎週、録画して見ているお気に入りの番組のひとつが,
BS hiで日曜日に放映されている「猫のしっぽ、カエルの手」です。

築100年の古民家に住み,庭を楽しむイギリス人のベニシアさんの、
京都大原での暮らし。
ハーブを育て,日本の美しさを慈しむ姿に,なにかとても
ほっとくつろぐものを感じるのです。

番組では、毎回ひとつ、ハープほ使ったレシピの紹介もあるのですが,
ベニシアさんが普段の暮らしの中で作っている料理やお菓子は
すぐに取り入れられるものばかり。

先日のレシピは,これ。
ローズマリーを使ったローストベジタブルです。

c0195791_2294257.jpg


撮影続きで、料理から遠ざかっていたのですが,
週末にやっと作ってみました。
ニンジン,タマネギ,レンコン,ジャガイモ,ピーマン,サツマイモ。
そのほか,あればカボチャや赤ピーマンなども。
耐熱皿に,きれいに洗った野菜を大きめに切って並べ,
ローズマーリーの葉と塩、胡椒,オリーブオイルをかけて
200度のオープンで約30分焼くだけ。

最初の15分はホイルをかけて熱を通し,
一端取り出して野菜を返し、そのあとはホイルを掛けずにじっくり焼きます。
こんがり焦げ目がつくくらい。

野菜の甘さが,本当においしい。
たっぷり野菜が食べたい,というときおすすめです。
多めに作って,翌日はカレーにトッピング。
彩りもきれいだし,翌日のほうがローズマリーの香りが強く,食欲をそそリます。

簡単な物でも、ちゃんと料理して頂くと
とても大きな満足感があります。
暮らしを楽しむってこういうことだな、と改めて思う週末でした。
| by modernliving | 2011-02-22 02:54 | 下田 | Comments(0)
c0195791_13184267.jpg


昨日、森美術館で開催中の「小谷元彦展 幽体の知覚」に行って来ました。

この展覧会、モダンリビングのエキシヴィジョンコーナーで紹介しておりまして…
会期が来週までと気づき、駆け込んできました。

内容はというと…


本展では、小谷の作品の本質を探るべく、
10年以上にわたって発表されてきた小谷の初期作品から最新作までを一堂に集めるほか、
「映像彫刻」とも呼ぶべき体験型の大型映像インスタレーションや、
重力や回転などの生命のしくみに関わる現象をテーマにした新作を紹介します。
従来の彫刻の概念を超えて、存在のあり方をあらゆる方向から捉えて
形にしようとする小谷の作品を通して、
美術表現の新たな魅力と可能性に迫ります。

(HPより)



ひと言で表しにくい、展覧会です…。

私が小谷さんの作品を知ったのは、
たぶん、金沢21世紀美術館のオープニング展だったと思います。

そこには、髪の毛で編んだドレスが展示されていました。
こちらのサイトに掲載されています。
これ、実際に見ると、(いろいろな意味で)気持ち悪いんです。

照明をあびた髪の毛のドレスをじっと見ていると、
髪が少しずつ伸びていくような錯覚を覚えて、
ぞくっとしたのを今でも覚えています。

妖しさというか、幻想的というか、怖気というか…
言葉にしにくいその感覚を味わいたくて、
ぜひ、この展覧会にも行きたいと思っていました。

実際に入ってみたところ、やはり、怖気全開。

じっと眺めていると、鳥肌が立ってきます。
交感神経を刺激するんでしょうか。


どの作品も記憶に残っているのですが、
特に、会場中盤にある「インフェルノ」が圧倒的でした。
滝の映像を用いたインスタレーション。
もう、すごい!
まだ、行っていない人はぜひ体感してほしいです。

ただ、二日酔いの方はちょっと気分が悪くなるかもしれませんが…。


小谷さんの作品は、脳の片隅のほうを揺さぶる力があるような気がします。
いつもは意識していない部分を、ぶるんとさせる。
しかも、後からじわじわと効いてくる感じ。

小さい頃、夜、トイレにひとりで行くのが恐かった感覚とか、
おじいちゃんの家の納戸の暗がりとか、
生々しい夢を見た直後の変な気持ちとか、
いろいろな記憶がよみがえってきました。


やっぱり、アートっていいものですね。
もっと見に行かないと!


ということで、再度になりますが、
会期は、27日(日)/今週の日曜日までです!

少しでも興味がある方、急いでください!!



**************
時間 10:00~22:00(火曜日のみ17:00まで)
※会期中無休
場所 森美術館 (森タワー53F)
入館料 一般 ¥1,500、学生(高校・大学生) ¥1,000、子供(4歳~中学生)¥500
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
****************

| by modernliving | 2011-02-21 13:57 | ナナ | Comments(0)
コルビュジエのもとで働いていた建築家、前川國男(1905〜1986年)が設計した自邸の取材に行ってきました! 前川國男の終の棲家で、亡くなる前の12年間をここで過ごしました。現在は賃貸物件で、名作住宅の保護に理解のある外国人の方が大切に暮らしています。

c0195791_944465.jpg


書斎コーナー。前川國男と同じ場所にデスクを配置しています。障子を開けると庭に視線が抜けます。

c0195791_945894.jpg


アールの天井と障子のダブル効果で自然光が柔らかな印象に。撮影はお馴染みのシモジイさんとマツモさんの最強コンビ!

c0195791_9453026.jpg


愛犬のトミーくん。悲哀を感じるなんともつぶらな瞳。なんだか心を揺さぶられてしまいました。

c0195791_9455870.jpg


ゆったりとした階段スペース。手摺りがかっこいい! プルーヴェの家具のよう。

c0195791_9462552.jpg


なんとエレベーターが! 地階から屋上まで続いています。

c0195791_9465050.jpg


洗面ボウルも水栓金具もレトロ! で、素敵でした。カウンターの大理石も含め、当時にままです。

4月7日発売号に掲載します! お楽しみに!!!
| by modernliving | 2011-02-20 09:36 | コウちゃん | Comments(2)
新宿にあるカンディハウスの展示会に行ってきました。カンディハウスは北海道の旭川にある家具メーカー。
技術力の高さから他ブランドの家具も製造しています。

今回の展示会で特徴的だったのが素材の魅力。一枚一枚、表情の異なる板をどのように使うか?
そのバランスがとても絶妙、と感じました。

c0195791_21462881.jpg


ベテランデザイナー、川上元美さんがデザインした「セスティナラックス」。
薄く軽快なデザインでありながら座り心地は絶妙! 背もたれにしっかりと腰を押しつけて座っても、身体をずるずると沈めて座っても、くつろぐことができる絶妙なデザインです。フレームの素材は無垢のウォールナット。

c0195791_21465487.jpg


ナラ材バージョン。

c0195791_21472285.jpg


編集長の下田も掛け心地をチェック! 

c0195791_21474363.jpg


コーナーをあえて削るなど、少しラフな感じに仕上げている。センターテーブルは同じナラでも微妙に色味の異なる板を隣り合わせにすることで、変化をつけています。一般の方は説明されなければ気付かないポイントかもしれませんが、こうしてラフにすることが、スクエアなデザインを少しやわらかく見せるうえで、とてもとても大切なことだと思いました。

c0195791_2148651.jpg


カンディハウスでは、今期からドイツのベッドマットレスメーカー、シュラム社の商品の日本における代理店になりました。編集長の下田が早速、寝心地をチェック。そして絶賛! 私も横になってみましたが、本当に素晴らしい寝心地でした! 

c0195791_21482795.jpg


c0195791_22455395.jpg

bmというオリジナルのベッドブランド。フレームやヘッドボードに無垢のウォルナットを使用しています。面積が大きいので、無垢の木の上質な雰囲気がダイレクトに伝わってきました。
| by modernliving | 2011-02-18 22:44 | コウちゃん | Comments(0)
モダンリビングの最新号の特集「和を継ぐ家」で紹介している
S.O.Y.建築環境研究所


代表の山中祐一郎さんの取材で、こちらの事務所にお伺いした際に
とても素敵なパーティションを見せてもらいました。
c0195791_13132459.jpg



これは、本誌p.054~に掲載している「太子堂の家」の
構造の元になったパーティションなのです。

横から見ると、こんな感じ。
パーティションとしても、本棚としても使えます。
c0195791_1315074.jpg

細い木の板を組み合わせてつくられていることがわかります。



c0195791_13141489.jpg
こちらは模型。
実際のパーティションも、このように折りたたみできるそう。
数年前のミラノサローネのサテリテで発表されたものです。



c0195791_13135591.jpg
正面から眺めると、光の関係で“モアレ”が生じていることがわかります。

ちなみに、モアレとは、

モアレまたはモワレ(仏: moiré)は干渉縞ともいい、
規則正しい繰り返し模様を複数重ね合わせた時に、
それらの周期のずれにより視覚的に発生する縞模様のことである。
(ウィキペディアより)



とのこと。

(よく色校正のときにも、人物の服の部分などにこのモアレが生じてしまい、
「モアレ、取る!」という指示をしたりします。)

山中さんは、意識的にこのモアレが出るように、設計したそう。


パーティションを眺める位置によって、プロダクト自体の見え方も変わり、
向こう側の景色も変わっていく。
ずっと見ていても飽きない家具です。



c0195791_13255017.jpg
右側が、設計をした山中 祐一郎さん。左は、やり手(?)の所員の野上哲也さん。


取材ご協力、ありがとうございました。
| by modernliving | 2011-02-17 13:30 | ナナ | Comments(2)
|