<   2011年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧
|
現在、旭川美術館で開催中の織田コレクション「北欧の美しいくらし展」は、
いよいよ7月3日(日曜日)までとなりました。

この展覧会は、織田憲嗣さんという個人がひとりで
集めた1200点以上の椅子(北欧家具中心)を
もとに、ガラス、陶磁器、カトラリー、おもちゃなど、
計500点あまりの北欧の品で構成されています。

簡潔に綴られた解説の奥にある、
北欧の家具や小物の実用に根ざした美しさ、
それを用いての美しい暮らしということを
感じ、考える場だと、実際に何度かこの美術展を拝見して思いました。

織田さんは後世に残すべき日用品として、
人生をかけてこれらを収集してきました。
そして、旭川の郊外に家を建て、そのコレクションを
実際に使いながら「美しい生活」をしていらっしゃいます。

「美しい生活」は、今の私達の暮らしの中で
実は最も必要なものなのではないかと思います。
それは,言葉をかえれば「愛着のある暮らし」ということ。

それを感じさせてくれる展覧会です。
| by modernliving | 2011-06-30 14:21 | 下田 | Comments(0)
建築家の中村拓志さんの連載企画「気分と建築」の撮影に栃木にある録ミュージアムに行ってきました。約1年ぶりの訪問でしたが、すっかり緑に覆われ、馴染んでいました。あいにくの曇りでしたが、光が均一でかえって建物のフォルムがよく見え、グリーンもきれいに見えました。

c0195791_9554654.jpg


大きな樹木も含め、グリーンはすべて新たに植えたもの。もとからあったようです。
植物と建築の距離がとても近く、森の中で過ごしているようです。

c0195791_9561652.jpg


撮影の打ち合わせ。右から中村さん、広報の都島さん、物件担当の大谷さん、カメラマンの川村さん、
宇都宮大学の学生さん。

c0195791_957482.jpg


上からのアングルをチェックする中村さん。建物のフォルムが見える位置をチェック。

c0195791_9572571.jpg


撮影終了後、撮影を手伝ってくださった宇都宮大学の学生さん2人。中央は広報の都島さん。
モデルになったり、写真をチェックしたり、近隣への配慮など、たいへんおつかれさまでした。
| by modernliving | 2011-06-28 11:38 | コウちゃん | Comments(0)
c0195791_14333064.jpg


少し前のことですが、アルフレックスの新作展示会に行ってきました。

2011年の新モデルのメインを飾るのは、ソファ「ヴェラート」。
上の写真のものです。

デザイン、サイズ、機能性。
すべてにバランスのとれた、スマートで軽快なソファです。
すっきりとした一体型のシートは、ほどよいストローク感があり、
硬すぎず柔らかすぎない安定した座り心地。


とのこと。

座ってみると、中のウェービングベルトに適度な弾力があり、
立ち上がるのも苦になりません。



c0195791_19111432.jpg
デザインのポイントはここ。
脚部にもファブリックが張られているので、
やわらかな印象に仕上がっています。



c0195791_14325163.jpg
下田編集長とプレスの保科さん。
くつろぎ感が出てますね!

お値段は、399,000円~。
この仕上げにしては、意外とリーズナブルです!




c0195791_14341092.jpg
こちらは、センターテーブル。

c0195791_14342187.jpg
中央部分にはコードなどを収納できるスペースが。
iPhoneやパソコンをリビングで使う人が増えている、
というライフスタイルを受けての仕様なんだそう。



c0195791_1435723.jpg
こちらは、レザーのタイプ。
印象がまったく異なります。
こちらはとってもシック!
革がすべすべしていて、やわらかで、撫でたくなる質感です。



c0195791_1913859.jpg
こちらも新作のダイニングチェア。
以前からある、この丸テーブルもいいですね。






c0195791_19124062.jpg
アームチェアの「リン」。
藤森泰司さんのデザインです。
継ぎ目がほとんど見えないデザインで、非常にしなやか。
愛着がわきそうな形。
なおかつ、カバーリング仕様で、51,000円~。
優秀です!



c0195791_19122990.jpg
同じく藤森さんのデザインしたテーブル「リタ」。
さりげなく表れた木目がきれい。
ダイニングで食事だけでなく、勉強も、仕事もできるようにと
200㎝タイプの天板も用意されています。




c0195791_19125854.jpg
パオラ・レンティのパーソナルチェア。
深みのあるパープルってやっぱり素敵。




アルフレックスの新作は、現在の暮らしをきちんと考えられてつくられている、
というのがびしびし伝わってくるものでした。

マンションでも一戸建てでも、使いやすいように、
そして、家族がそれぞれ違うことをしていても
ひとつにまとまることができるように。

家具の向こうに暮らしが見えてくる、新商品でした!
| by modernliving | 2011-06-27 21:03 | Comments(0)
6月22日~26日まで、北海道・旭川で3年に1度の家具の祭典、IFDAが開催されています。

IFDAは今年で8回目の開催となります。
普段はゆったりのんびりしているのどかな旭川でも、この時期だけはわっしょいわっしょい盛り上がります。

昨日の6月23日はデザインコンペ入選者のプレゼンテーションとデザインセミナーが行われました!!

c0195791_1418583.jpg

デザインコンペの様子。
お客さんの多さがわかりますか??
会場ぎっしりの中、入選者が人をかき分けながらプレゼンしていきます。


c0195791_14312538.jpg

こちらはデザインセミナーの様子。
コーディネーターの下田編集長、デザインコンペ審査員である川上元美氏、織田憲嗣氏、長原實氏、ユン・ヨハン氏がデザイナー、研究者、作り手の立場から今回のコンペを振り返りながら、これからの家具・インテリアデザイン、IFDAのあり方、旭川の未来について語り合いました。

c0195791_14455299.jpg

写真中央の椅子は、IFDA2011のゴールドリーフ賞を獲得したHalf chair

c0195791_1450853.jpg

Half chairのデザイナーの韓国のチョン・ウジンさん。
プレゼンテーションでは模型を持ち込んでのデザインプロセスの説明があり、とても興味深かったです。




<付録>
c0195791_14542118.jpg

こちらは、セミナー後にカンディハウスさんで行われたオープンドアパーティーの様子。
ジンギスカン、おすし、チーズ、アスパラ、ビール、シャンパン、ワイン・・・・THE・北海道の食材、食文化の豊富さ。しかしそれに勝る人の多さ。。。


今回の様々なイベントで、旭川のポテンシャルの高さを感じることができました。
| by modernliving | 2011-06-24 15:05 | 中田(from北海道) | Comments(0)
モダンリビングではグリーンのプロである日植ガーデンとコラボレートして観葉植物のレンタルサービスLOVE GREENを展開しています。 

一般住宅がメインですが、商業スペースにも対応しており、今回は商業施設。ビタミンC治療の第一人者である亀山孝一郎さんが経営する青山ヒフ科クリニックです!

実は弊社の受付でもラブグリーンを導入しており、それを見た広報の北山さんが
声をかけてくださいました。

c0195791_19114723.jpg


待合いスペース。白とオレンジに家具にグリーンが映えます。
なんとリボンチェアが!
そのほかにもソットサスの鏡やコーンチェア、エッグチェアなど、名作が使われており、
フューチャリスティックかつラグジュアリーな空間になっています。
 

c0195791_19121572.jpg


メイクスペース。コーナーに細長い葉っぱのシェフレラを。動線のジャマにならないように細長いタイプの樹形を選びました。コーンチェアと相性もぴったり。


c0195791_19124628.jpg


個室タイプの待合い室。チェア「マッシュルーム」に合わせて波形のプランターを選びました。
カバーリングの石はオレンジに。このくらいの面積だとわざとらしくなく仕上がります。
| by modernliving | 2011-06-23 18:36 | コウちゃん | Comments(0)
モダンリビングの連載「北欧の美しい日用品」、その他多くの企画でお世話になっている椅子研究家の織田憲嗣さんの初の個展が7月3日まで北海道立旭川美術館で開催中です!
旭川では同時期に家具のデザインコンペIFDAなども開催していることもあり、初の試みとなる
「旭川モダンリビングツアー」を企画しました! 参加人数は17人。
皆さんに旭川のデザイン、美しい自然を楽しんでいただくべく、盛りだくさんの内容になっています。


c0195791_630417.jpg


東海大学で行われている「フィン・ユール展」からスタート! 
デンマークの自邸を実測してつくった、1/20スケールの模型。フローリングなどのディテールも
かなり忠実に再現されています。

c0195791_632382.jpg


自邸のインテリアをバナーにして、壁に展示し、その前に椅子を置くことで、実際に自邸にいるような感覚に!

c0195791_6351347.jpg


隣の建物には名作チェアがずらり。自由に座ることができるということで、参加者は大興奮!


c0195791_6373564.jpg


旭川美術館へ移動。「北欧の美しいくらし LIFE&DESIGN」展では織田先生の貴重なコレクションが
椅子80脚をはじめ、500点もの美しい家具や日用品が展示されています。織田さんの丁寧な解説に、参加者は感心しきり。たいへん勉強になりました。写真は残念ながらNG。
ぜひぜひ貴重なコレクションを美術館で実際にチェックしてください!
このテーブルコーディネイトはモダンリビングが展示会に合わせてコーディネイトしたものです。
ロビーで3パターンコーディネイトしているので、こちらもチェックしてください。
ヴィンテージの北欧小物もかなり手ごろな価格で販売されているで、こちらも要チェックです!

c0195791_6392862.jpg


続きまして「チェアーズギャラリー」へ。織田さんのコレクションを使って10年以上、企画展を続けているギャラリー。現在は「現代北欧のプロダクトデザイン」展を開催中。古いレンガ倉庫を改装した建物も魅力です。

c0195791_6412382.jpg


そしていよいよツアーの目玉である、「織田邸」への訪問。まるで北欧のモダンな住宅のようなたたずまいの外観です。


c0195791_6433018.jpg


いきなりキタアカリ。織田さん奥様の心遣いに一同感激!

c0195791_6455227.jpg


一般的なコレクターと異なり、織田邸では研究のために名作を実際に使用しています。
参加者も実際にベッドのようなソファに座って、すっかりリラックス。とても貴重な経験です。

c0195791_6474923.jpg


コーア・クリントのキャビネットを開けながら「分析の概念」について説明する織田さん。
このキャビネットは同等サイズの一般的なキャビネットの約2倍の収納力があるそう。


c0195791_6503821.jpg




2日目はデザイン展に加え、旭川の美しい自然も味わうプランなっています。
後日、紹介しますのでお楽しみに! 
| by modernliving | 2011-06-22 07:42 | コウちゃん | Comments(0)
近所にあっていつも気になっていたイタリアン!tannta bocca。オープンテラスもあって楽しそう!北参道の交差点の近く明治通りにあります。
c0195791_13354182.jpg
前菜!
c0195791_13354853.jpg
うにのパスタとこれはオマール海老もパスタ!
通風になりそう010.gif010.gif美味しかった。
c0195791_13355327.jpg

そして、どうもこのお店はヤキニクやの系列らしい。。。

お肉をたっぷり堪能したのでした。

価格もリーズナブル。
このほかにも5品くらい食べてます。
もちろんひとりでなくて、女子3人。。。019.gif
| by modernliving | 2011-06-21 13:39 | シミリエ | Comments(0)
c0195791_1935768.jpg


先日、久々にザ・コンランショップの下見に行ってきました。

新しいテーブルウェアや家具など、もちろん楽しくチェックしたのですが、
もっと目を引いたのが、フラワーアレンジメント。

最近、植物を育てることに加えて、
摘み取った花を素敵に生かすことにも興味が広がり、
本気でフラワーアレンジメントを学びたいなぁ、と思っています。

ザ・コンランショップでは、
コーディネイトに生花を使うのがポリシー、
と聞いたことがあります。

やっぱり、生のお花のアレンジは素敵。

4階にあったのは、
ねぎ坊主みたいなお花、アリウム・ギガンチューム(たぶん)
を使ったダイナミックなお花のコーディネイト。

器は小さく、花も2本だけにすることで、動きのあるアレンジになっている!

正統派ではないかもしれなけれど、
投げ入れたっ! て感じが私は好きです。


勉強になりますなぁ。
| by modernliving | 2011-06-16 23:26 | ナナ | Comments(0)
青山店でやっている展示会へ。今回のコンセプトはinvitation from forestだそう。

シミリエの好きなファーづかいたいっぱい。
c0195791_1151278.jpg
温かみのあるベージュトーン。右下のラバーショートブーツがなんと使いやすいデザイン!ニットとファーが取り付けられて3way。
便利そうです。
c0195791_11513364.jpg
ボリューム感のあるベスト。
c0195791_11513827.jpg
このロングブーツが軽くて、キュートだった。
c0195791_11514351.jpg
動物のアクセサリーもチャーミング。
c0195791_11514862.jpg

またまたそそられる秋冬のコレクションなのでした!
| by modernliving | 2011-06-15 11:56 | シミリエ | Comments(0)
モダンリビング197号は、もうご覧いただけましたでしょうか?

c0195791_19565251.jpg


白地にオレンジの文字、
ブルーの服を着た女の子が目印です。

最新号の第1特集は、

「できるだけエネルギーに頼らないモダン住宅」


もうこのタイミングしかないでしょ! という内容でございます。

実例紹介に加えて、担当者としてみていただきたいのが、
専門家のインタビュー。

飯田哲也さん(ISEP環境エネルギー政策研究所)

宿谷昌則さん(東京都市大学 環境情報学部・大学院環境情報情報学研究科)

小玉祐一郎さん(神戸芸術工科大学 建築環境デザイン学科)


この3名の方のエネルギーと住宅に関するお話が載っています。

ライターさんと一緒に取材にお伺いしたのですが、
どの方のお話も、とてもためになるものでした。

というより、自分がいかに無関心だったのか、を
まざまざと見せ付けられた取材でした。

ああ、何も知らずにのんきに生きてきたんだなぁ…
と帰り道に反省することしきり。

でも、お話を聞くことで、どんな住宅が自然といい関係を築けるのか、
そして、自分はこんな家に住みたいな、
というのが、今までより明確になった気がしています。


3名の中でも、特に住宅とあまり関連のなさそうな、
飯田哲也さん。

この方です。
c0195791_20563385.jpg


今や、原発関連の特集をするテレビや雑誌で引っ張りだこですよね。

エネルギーに関する特集を行ううえで、
どうしてもお話をお伺いしたい、と思ってオファーを入れた方でした。

震災関連のニュースを見ていると不安になることも多いのですが、
飯田さんは、データを用いて、明確に、
これから必要なことをわかりやすく説明してくれます。
そして、話の内容が前向き!
そこがいいと思ったんです。



これから家を建てる方、リノベーションを考えている方、
知らずに家を建てて、後悔しないために
ぜひ、読んでいただきたい内容です。
| by modernliving | 2011-06-14 08:52 | ナナ | Comments(0)
|