<   2012年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧
|
c0195791_22494226.jpg


高さ30センチとくらいの琺瑯(ホーロー)の水差しです。
オリーブグリーンに茶色の縁取り。
一目で気にいって購入。
西麻布のツールポックス(園芸用品の店)で見つけました。5000円くらい。

私、実はジャグ好き。注ぎ口のあるものに弱いんです。
和食器なら片口。
ミルクピッチャー、水差し・・・つい買ってしまいます。

これは何用・・・と決めずにいつも、キッチンのカウンターに置いてあります。
形がきれいだから、置いてあるだけでも絵になる。

室内のグリーンに水をやる時に使ったり、鍋に水をさすときに使ったり。
でも実はこれ、花を生けるのに大活躍。

特に春。
チューリープをひと束、ミモザの枝をたっぷり、といった
一つの花をたくさん生けるのに、ぴったりなのです。

美しくて、本当に便利な水差しです。
| by modernliving | 2012-09-29 22:50 | 下田 | Comments(0)
c0195791_12404658.jpg


静岡出身なもので、静岡絡みのものには評価が甘いところがあるのですが、
それはそれとして、めっちゃうまい“おかき”を発見しました。

それが、「静岡おかき」。

まぁ、名前に静岡とついているけれど、普通のおかきでしょう、と
思って食べたところ……

(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

ミスター味っこだったら、口から光がほとばしるレベル。

味付けは、甘めの醤油味。
やや濃い目かなぁ、とも感じますが、お茶と合わせることを考えたら程よい味。



c0195791_12404859.jpg

本領は、その食感ですね。

見た目だと一般的なおかきに見えますが、
ぜんぜん固くない!

中身はさくさくなんですよ。
まったく力を入れなくても、口の中でさくっと崩れて、広がっていく。


適度な濃い味と食べやすい口当たりで、止まりませんね ъ(゚Д゚)グッジョブ!!



なんだか、ステマみたいになってしまいましたが、
本当においしいので、どこかで見かけたら味見してみてください。
静岡の物産展などで売っているはずです~
| by modernliving | 2012-09-28 12:39 | ナナ | Comments(0)
デンマークのインテリアブランド、
ボーコンセプト
リニューアルの行ってまいりました。ずばり、素敵! のひとこと。コーナー毎にシーンが
展開されていて、しっかりとコーディネイトがつくりこんであります。
自宅のリアルなスタイリングの参考になります! ぜひ覗いてみてください。

c0195791_1749070.jpg


アーチ型の開口を活かしたコーナー。素敵なリビングのようです。




c0195791_17494151.jpg


さまざまなパーツを組み合わせられる人気の「MEZZO」。キャメルのレザーを使った
ボリュームのある組み合わせは、まさにラグジュアリー!




c0195791_17502138.jpg

カリム・ラシッドを起用したダイニングと定番の伸張式のテーブルの組み合わせ。
レザーのパッチワークのラグが効いています。ペンダントライトは新作。




c0195791_17512331.jpg


ボーコンセプトの広報の白石さん〈右〉と編集長の下田〈左〉。偶然、黒い服で、なんだかインテリアにぴっったりはまっています!



c0195791_17515329.jpg


ボーコンセプトはデビュー60周年。廃盤になっていたソファが復刻。チェックのシート部分が、
可愛らしい。フォルムはすっきりとしているので、モダンなインテリアにも合います。




c0195791_17523351.jpg

営業部の坂根もソファでくつろいでいます。「寝てしまいそう〜」、ソファと身体がくっついてしまっています。ヘッドレストをセットできるのもボーコンセプトの特徴です。




c0195791_17531221.jpg

動きのある背面の収納がポイント。個人的にはこのコーナーがいちばんのお気に入り。
いちばんリアリティがあって、適度に飽きのこない遊びがあります。





c0195791_17534387.jpg

マガジンラックとサイドテーブルが一体になった便利アイテム。この手の商品はいろいろとあるけれど、これはインテリアに合わせやすいと思います。





c0195791_17535722.jpg


クッションもお薦め。ボーコンセプトはシーズン毎に新しいクッションを発表している。
このクオリティを考えると、かなりお得です!
| by modernliving | 2012-09-27 19:33 | コウちゃん | Comments(0)
c0195791_16274486.jpg


うちで長年使っている小皿です。
いつも和食のときは、大皿や鉢に盛って取り分けて頂くので、
何枚か小皿を使います。

五寸皿(直径15cm程度)より小さいこの程度の小皿は
片手で持ち上げて使えるのがいい。

染付、赤絵、青磁、土もの・・・その時々で,混ぜて使います。
小さな片口などもあると、変化がつきます。

小皿の場合だけですが、角皿も好き。
丸だけより、角が入ると食卓がしまるんです。

収納場所をとらないので、気軽に買えるのもいいところ。

和食器の楽しみは、「揃えないこと」。
小皿の楽しみもそこにあるみたいです。
| by modernliving | 2012-09-27 17:36 | 下田 | Comments(0)
c0195791_1231037.jpg


つい先日、無事、校了いたしました。
なんなんでしょう、この解放感。
秋めいてきた気候と相まって、踊り出したい気分です。

で、次号では、インテリアショップが続々とオープン&リニューアルしている
青山エリアを特集しております。

しかも、めっちゃ使えるマップ付き。

ということで、漫画カメラで撮影してみました。
白場が多すぎて、よくわかりませんが…。


c0195791_12305868.jpg


実際の誌面はこんな感じです。

うだるような暑さの中、個人的に体調を崩してふらふらになりながら、
アシスタントのノリさんとカメラマンの渋谷さんと
歩き回ったことが思い出されます…。

あのホットケーキ、おいしかったなぁ(・´з`・)

ご協力いただいたショップの皆さま、ありがとうございました!

絶対に押さえておくべき店だけを厳選しておりますので、
10月7日に発売でございます。
ぜひぜひぜひ、チェックしてください。
| by modernliving | 2012-09-27 12:29 | ナナ | Comments(0)
c0195791_2042960.jpg


hope & homeのポストカードができてきました!

ロゴマークのイラストは、銅版画家の山田奈乙介さんのてによるもの。
「家」のにほっこりした幸せ感を、とても表現していると思います。

こうして大きくすると、よけいそう感じます。

裏には、住宅系雑誌8誌のロゴと名前、そして
10/25(木)〜11/6(火)@OZONEのイベント
「もっと家を楽しもう!」のお知らせが。

書店をはじめ、各所でお配りする予定。
手にしたら、じっくり眺めてみてくださいね。

そして、どなたかにお便りしたくなったら、
ぜひ使ってくださいね。
| by modernliving | 2012-09-25 20:04 | 下田 | Comments(0)
c0195791_16211749.jpg


イッタラのティーマ。コーヒーカップ&12㎝ソーサーです。
デミタスでは物足りないけれど、
ティーカップでは大きすぎる、絶妙なサイズ。
コーヒー好きのなので、1日何度も出番のある器です。

でも、実はこれ、2005年のティーマ大幅リニューアルで
姿を消したもの。一般の店舗にはありません。
私はフィンランドに行ったとき、
アラビアのヴィンテージショップで買いました。

でも、うれしいことに、ネットシッョプのスコープが別注し復刻。
色は白とイエローの2色。
そのうえ、コーヒーカップとソーサーが別々に買えるんです。

私も両方の色をもっています。

12㎝ソーサーはとても優秀。
取り皿としての出番は、No.1。
とにかく使いやすい。
和でも洋でも可です。

実用的とはまさに、こういう器のことをいうのだと思います。
| by modernliving | 2012-09-25 14:19 | 下田 | Comments(0)
c0195791_20112797.jpg



「ヒンメリ」は藁でつくるフィンランドの伝統装飾です。
山本睦子さんは、数少ないヒンメリ作家。

自然素材の繊細で,優しいヒンメリ。

私は、旭川の北欧展でお目にかかって、
初めてヒンメリのことを知りました。

山本さんによるヒンメリのワークショップが
銀座のイッタラで開催されます。

日程:
10月26日(金)①14:00-16:00/②17:00-19:00 
  27日(土)①11:30-13:30/②14:30-16:30 
場所:イッタラ GINZA
募集人数:各10名 
参加費:5,000円(素敵なお土産付きです)

詳しくは、
イッタラSHOPへ。

滅多にないワークシッョプの機会。ぜひ!
| by modernliving | 2012-09-24 20:12 | 下田 | Comments(0)
c0195791_16203838.jpg


輪島塗のお椀です。ご飯にもお汁にも、煮物にも、お雑煮にも使っています。
少し大きめで、丸みをおびいているのがいい。
実は、28年くらい使っています。
買ったとき、私には分不相応な1客¥15,000でした。

本当に丈夫で、普通に使って、スポンジで洗って。
自然に小さなキズがつきましたが、割れたり欠けたりはなく、
毎日活躍してくれました。

少しキズが目立ってきたので、去年、これを買った
輪島の大向光州堂にメールで問い合わせたら、送ってくださいとのこと。

3ヶ月後、新品同様、ピカピカになって帰ってきました。
塗り直し、1客¥3,800でした。

漆器は価格に正直だから、と教えてくださった
日本料理の志の島忠先生の言葉を、今更のように思い出します。

本物の木のお椀は、熱いものを入れても、持ったとき全然熱くない。
白いご飯も,このお椀に盛るとごちそうになります。

これからもずっと、このお椀と年を重ねていくのだな、と思います。
| by modernliving | 2012-09-24 15:29 | 下田 | Comments(0)
c0195791_0312927.jpg


朝ゴハンのセットです。
ティーマの21㎝プレートとカストヘルミのポウル、
アイノ・アアルトのグラス。すべてイッタラのもの。

これ、伊勢丹のセールで買いました。
「朝食セット」として2個ずつ組み合わせてあって、価格も3割引くらいでした。

すごく賢い。
なかなかこういうふうに組み合わせて売らないと思うんです。
でも、実際には、とても使える。
使い手の立場に立って考えてくれる人がいたんですね。

うちでは毎日、グラスに野菜ジュース、ポウルには果物、
お皿にはパン・・・そして、紅茶というのが定番。
セットのまま、同じ棚にのせてすぐに取り出せるようにしています。

「朝食セット」の器、こうしておくだけで、朝ゴハン作るのがちょっと気楽になりますよ。
| by modernliving | 2012-09-23 00:42 | 下田 | Comments(0)
|