タグ:アート ( 7 ) タグの人気記事
|
c0195791_13184267.jpg


昨日、森美術館で開催中の「小谷元彦展 幽体の知覚」に行って来ました。

この展覧会、モダンリビングのエキシヴィジョンコーナーで紹介しておりまして…
会期が来週までと気づき、駆け込んできました。

内容はというと…


本展では、小谷の作品の本質を探るべく、
10年以上にわたって発表されてきた小谷の初期作品から最新作までを一堂に集めるほか、
「映像彫刻」とも呼ぶべき体験型の大型映像インスタレーションや、
重力や回転などの生命のしくみに関わる現象をテーマにした新作を紹介します。
従来の彫刻の概念を超えて、存在のあり方をあらゆる方向から捉えて
形にしようとする小谷の作品を通して、
美術表現の新たな魅力と可能性に迫ります。

(HPより)



ひと言で表しにくい、展覧会です…。

私が小谷さんの作品を知ったのは、
たぶん、金沢21世紀美術館のオープニング展だったと思います。

そこには、髪の毛で編んだドレスが展示されていました。
こちらのサイトに掲載されています。
これ、実際に見ると、(いろいろな意味で)気持ち悪いんです。

照明をあびた髪の毛のドレスをじっと見ていると、
髪が少しずつ伸びていくような錯覚を覚えて、
ぞくっとしたのを今でも覚えています。

妖しさというか、幻想的というか、怖気というか…
言葉にしにくいその感覚を味わいたくて、
ぜひ、この展覧会にも行きたいと思っていました。

実際に入ってみたところ、やはり、怖気全開。

じっと眺めていると、鳥肌が立ってきます。
交感神経を刺激するんでしょうか。


どの作品も記憶に残っているのですが、
特に、会場中盤にある「インフェルノ」が圧倒的でした。
滝の映像を用いたインスタレーション。
もう、すごい!
まだ、行っていない人はぜひ体感してほしいです。

ただ、二日酔いの方はちょっと気分が悪くなるかもしれませんが…。


小谷さんの作品は、脳の片隅のほうを揺さぶる力があるような気がします。
いつもは意識していない部分を、ぶるんとさせる。
しかも、後からじわじわと効いてくる感じ。

小さい頃、夜、トイレにひとりで行くのが恐かった感覚とか、
おじいちゃんの家の納戸の暗がりとか、
生々しい夢を見た直後の変な気持ちとか、
いろいろな記憶がよみがえってきました。


やっぱり、アートっていいものですね。
もっと見に行かないと!


ということで、再度になりますが、
会期は、27日(日)/今週の日曜日までです!

少しでも興味がある方、急いでください!!



**************
時間 10:00~22:00(火曜日のみ17:00まで)
※会期中無休
場所 森美術館 (森タワー53F)
入館料 一般 ¥1,500、学生(高校・大学生) ¥1,000、子供(4歳~中学生)¥500
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
****************

| by modernliving | 2011-02-21 13:57 | ナナ | Comments(0)
丸子万葵—MAKI MARCO 「LIGHT LIGHT PORTRAIT」展
石原英介—EISUKE ISHIHARA 「RAW World—幽霊より近づくために」展



私も参加するアートプロジェクト、#atsumalの展覧会を今度の土曜(2/5)から
代官山のカフェ
UNICE (CLUBのUNITの上!です。)
で開催します。
c0195791_20192561.jpg


こんな感じで丸子万葵の作品を追加しました。
クラシックスタイルな子供服を二つつないだようなシャンデリアです。
個人的にはアリス・イン・ワンダーランドみたいな、ファンタジックでちょっとビターな感じがとても気に入っている作品です。








私はアートは制作しておりませんが、裏方として参加しております!
2人は私の無二の友人であり、素晴らしいアーティストでもあります。
お茶をしながらアートに浸れる空間です!皆様ぜひぜひ、いらしてください。

2011.2.5(sat)-3.31(thu) 同時開催!

たとえば恋人の笑い方がいつもと違ったり、会話をしていてイライラを隠せない顔をしたことにはっとしたり。日常のふとした瞬間にある微細な違和感は、同時に人間の「生」を生々しく表出させます。今回の展示は、そんな「生」の風景をふたりの作家が切り取った作品で構成されています。カフェという日常の場所に現れた少しの違和感を、ゲストの方々に持ち帰っていただければと思っています。それはふつうの生活の中にもある、躍動する「生」の断片です。

c0195791_19272765.jpg


丸子万葵—MAKI MARCO 「LIGHT LIGHT PORTRAIT」展
1455×1455mm——画面いっぱいに描かれた、人面から放たれる光。丸子万葵の明るくポップな色彩の中にある「トゲ」を見つけたとき、その肖像は自分、あるいは隣の誰かに見えてくる。「肖像」をテーマに1枚の絵に1人の人間が登場する作品を5点展示。アクリルの軽快なタッチの中に描かれる人間の生々しさ。そのコントラストが見る人の心をゆさぶります。

丸子万葵 profile
1979年 福島県生まれ
2005年 文化学院 版画研究科卒業
2008年 シェル美術賞入選
主にアクリル、シルクスクリーンで絵画作品を制作。最近は写真や明かりを使った作品も制作している。

c0195791_19271641.jpg


石原英介—EISUKE ISHIHARA 「RAW World—幽霊より近づくために」展
RAW とは、生、未加工の意。アクリル画、コラージュ、アニメーションと、さまざまな手法で作家が人の素の状態に迫る作品多数展示します。また、作家本人がUNICEで暮らしながら制作をつづける「生態展示」インスタレーションを予定。カフェで展開されるアンコントロールな制作過程をゲストと共に共有します。

石原英介 profile


1981年北海道生まれ、宇都宮育ち。
東京芸術大学大学院美術研究科修了。アニメーションの創作で表現活動をスタート。その後、写真表現を学ぶ。
2006年 本格的にペインティングを開始して以来、現在まで継続して活動中。主な展覧会に、2004年『物見遊山』東京大学小石川分館、2005年『更新の部屋』東京芸術大学
2007,2008年『アラカルト』船橋市民ギャラリー
2009年『アジア舞台芸術祭』東京芸術劇場



会場 UNICE
東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 za HOUSEビルB1F

open am11:30 – close am0:00 (平日・日)
open am11:30 – close am5:00 (金・土・祝日前)
| by modernliving | 2011-02-16 20:24 | サトウ | Comments(0)
丸子万葵—MAKI MARCO 「LIGHT LIGHT PORTRAIT」展
石原英介—EISUKE ISHIHARA 「RAW World—幽霊より近づくために」展



私も参加するアートプロジェクト、#atsumalの展覧会を今度の土曜(2/5)から
代官山のカフェ
UNICE (CLUBのUNITの上!です。)
で開催します。

私はアートは制作しておりませんが、裏方として参加しております!
2人は私の無二の友人であり、素晴らしいアーティストでもあります。
お茶をしながらアートに浸れる空間です!皆様ぜひぜひ、いらしてください。

2011.2.5(sat)-3.31(thu) 同時開催!

たとえば恋人の笑い方がいつもと違ったり、会話をしていてイライラを隠せない顔をしたことにはっとしたり。日常のふとした瞬間にある微細な違和感は、同時に人間の「生」を生々しく表出させます。今回の展示は、そんな「生」の風景をふたりの作家が切り取った作品で構成されています。カフェという日常の場所に現れた少しの違和感を、ゲストの方々に持ち帰っていただければと思っています。それはふつうの生活の中にもある、躍動する「生」の断片です。

c0195791_19272765.jpg


丸子万葵—MAKI MARCO 「LIGHT LIGHT PORTRAIT」展
1455×1455mm——画面いっぱいに描かれた、人面から放たれる光。丸子万葵の明るくポップな色彩の中にある「トゲ」を見つけたとき、その肖像は自分、あるいは隣の誰かに見えてくる。「肖像」をテーマに1枚の絵に1人の人間が登場する作品を5点展示。アクリルの軽快なタッチの中に描かれる人間の生々しさ。そのコントラストが見る人の心をゆさぶります。

丸子万葵 profile
1979年 福島県生まれ
2005年 文化学院 版画研究科卒業
2008年 シェル美術賞入選
主にアクリル、シルクスクリーンで絵画作品を制作。最近は写真や明かりを使った作品も制作している。

c0195791_19271641.jpg


石原英介—EISUKE ISHIHARA 「RAW World—幽霊より近づくために」展
RAW とは、生、未加工の意。アクリル画、コラージュ、アニメーションと、さまざまな手法で作家が人の素の状態に迫る作品多数展示します。また、作家本人がUNICEで暮らしながら制作をつづける「生態展示」インスタレーションを予定。カフェで展開されるアンコントロールな制作過程をゲストと共に共有します。

石原英介 profile


1981年北海道生まれ、宇都宮育ち。
東京芸術大学大学院美術研究科修了。アニメーションの創作で表現活動をスタート。その後、写真表現を学ぶ。
2006年 本格的にペインティングを開始して以来、現在まで継続して活動中。主な展覧会に、2004年『物見遊山』東京大学小石川分館、2005年『更新の部屋』東京芸術大学
2007,2008年『アラカルト』船橋市民ギャラリー
2009年『アジア舞台芸術祭』東京芸術劇場



会場 UNICE
東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 za HOUSEビルB1F

open am11:30 – close am0:00 (平日・日)
open am11:30 – close am5:00 (金・土・祝日前)
| by modernliving | 2011-02-04 19:31 | サトウ | Comments(0)
寒い日曜日でしたが,がっちり着込んで散歩に出掛けました。
代々木八幡を抜けて,渋谷へ。
Bunkamuraを過ぎ,何年かぶりに松濤美術館へ行ってみました。

藤森照信さんの連載「名作住宅ふたたび」で
秋田・湯沢の白井晟一設計の試作小住宅を訪れたのは10月のこと。
現在発売中の「モダンリビング」で掲載しています。

今,パナソニック汐留ミュージアムでは、白井晟一展が開催されています。
白井晟一展の情報はここをクリック。

松濤美術館は白井晟一の設計です。
個性的なエントランスを見ただけで、その特徴は一目瞭然です。
c0195791_22335758.jpg


そして中に入ると,円形のホール。
中央には,屋外に大きな水盤と噴水が・・・。
c0195791_2236841.jpg


噴水のある地下1階から見上げると、こんな景色。
c0195791_2236552.jpg

そしてその上には,まあるい青空が・・・。
c0195791_22373516.jpg

何とも不思議な気分になります。

試作小住宅は施主の愛情によって,50数年を経て東京上野毛から
湯沢に移築され,新たな命を得ましたが,
白井晟一の建築は,減り続けています。
そんな中,誰でもが見,感じることのできる公共の美術館の存在は
とても貴重だと、改めて思います。

現在開催中の展示は「大正イマジュリィの世界」。
イマジュリィとは、「意匠」のこと。

これは竹久夢二のものです。
c0195791_2238401.jpg

懐かしくも美しい,イラストレーションやグラフィック,
そして本の装丁をじっくりと見ることができました。
1月23日まで開催中です。
| by modernliving | 2011-01-16 22:44 | 下田 | Comments(2)
c0195791_16482877.jpg

この写真は,札幌のモエレ沼公園のプレイマウンテンです。
30mのなだらかな山に登って行く道は,まるで空まで続いていくかのようです。

昨日,映画「レオニー」を観て、
雪で真っ白に染まった今頃のモエレ沼公園を思いました。
そこでは子供達がスキーやスノーボードやそりで遊んでいることでしょう。

数年前,夏の終わりのモエレ沼公園を訪れたことがあります。
モエレビーチと名づけられた浅い池で、
子供達は元気に水と戯れていました。
c0195791_21475882.jpg


かつてゴミ処理場だったモエレ沼を、イサム・ノグチが訪れたのは1988年のこと。
その年の秋、「公園をひとつの彫刻」とする
マスタープランを作ったイサム・ノグチは、それから間もなくNYでなくなりました。
その後,アーキテクト・ファイブが設計を統括し,
17年かけて,2005年にグランドオープンしました。
モエレ沼公園は,イサム・ノグチの最後の作品になったのです。

外周は3.7キロ。セントラルパークの半分という広大な広さのなかに、
イサム・ノグチがデザインしたさまざまな施設と遊具がちりばめられています。
c0195791_21483778.jpg


入園料も駐車料も無料。
緑の芝生は自由に歩くことができ、私が訪れた時は芝生でお弁当を
広げている家族連れがたくさんいました。

アートやデザインがこれほど日常の中に溶け込み,
人を幸せにしているということに胸が熱くなりました。

私は北海道の出身です。
両親は今も,札幌に居住しています。
札幌にこの公園があることを、心から誇りに思っています。
| by modernliving | 2011-01-10 16:49 | 下田 | Comments(0)
渋谷のイメージフォーラムという小さな映画館で,
「ハープ&ドロシー アートの森の小さな巨人」
というドキュメンタリー映画を観ました。

c0195791_1133842.jpg

写真は映画館の外観です。

元郵便局員と元図書館司書のふたりが45年間に集めたモダンアート。
小さなアパートに溢れるほどの、
そのアート・コレクションの価値ははかり知れないほど。
しかし,ふたりは,集めたアートを一度も売ろうとは考えず,
保持し,眺める歓びを日々感じてきました。

毎日のように,ギュラリーや個展や,アーティストの工房を巡り,
観て,観て、観て、観る。
そのくり返し。
その人生のなんと豊かなことか。

ふたりの温かな笑顔と澄んだ瞳,つましい暮らしぶり。
手を取り合って歩いていく後ろ姿が象徴的。

モダンアートがとっても身近に感じられます。

劇場予告編はこちら。このYOU TUBEでご覧ください。

ね、素敵でしょう?

平日にも関わらず,ほとんど満席でした。
上映時間より,少し早めに行くことをお勧めします。
各地で上映予定です。

<「ハーブ&ドロシー」のサイトより抜粋>
c0195791_915797.jpg

c0195791_9153140.gif

アートコレクターといえば、誰もが大きなプール付きの家に住む、庶民とは関係のないお金持ちを想像するだろう。しかし、国立美術館にコレクションを寄贈したこの稀代のアートコレクターが、小さなアパートに暮らすごく普通の老夫婦だといったら驚くはず。
『ハーブ&ドロシー』は、実在する現代アートコレクター、ヴォーゲル夫妻を追った感動のドキュメンタリー作品。公務員のふたりがいかにして膨大なコレクションを築いたのか?― その秘密を明らかにしながら、次第に“ほんとうに豊かな人生”のあり方を浮き彫りにしていく。お金儲けのためではなく、ただひたすら二人三脚で好きなモノを集めてきたふたりの姿は、発見する喜びと夫婦愛に満ちている。アートの知識なんてなくても、彼らの人生に触れれば、ほんの少し世界が変わって見えるはずだ。
| by modernliving | 2010-12-08 09:21 | 下田 | Comments(0)
c0195791_12552100.jpg

国立新美術館で開催中のマン・レイ展のプレビューに行った。

大粒の涙や、女体のヴァイオリンの写真を思い浮かべる,
マン・レイの作品だが,今回の展示はかなり印象が違う。

どんな展覧会かというと・・・・

<展覧会案内より抜粋>
幅広い芸術活動でその名を世界中に知られるマン・レイ(1890-1976)。
マン・レイの遺族が設立、全作品の著作権を所有するマン・レイ財団所蔵の写真、絵画、彫刻、デッサンおよびマン・レイ自身の所持品を一堂に集めて、2007年から欧州を巡回している展覧会が、この度初めて日本で紹介されることになりました。
「写真家」としてのイメージが強いマン・レイですが、今回は写真はもとより絵画、オブジェなど多岐に渡る分野で活躍した「アーティスト」、そして新しい技法やスタイルを編み出した「モダンアートの先駆者」としてのマン・レイに光を当て、その知られざる足跡を発見する旅へと皆様をご案内いたします。
本展監修者であるジョン・ジェイコブ氏と福のり子氏は4年の歳月をかけてコレクションの全貌を調査しました。その結果、日本展だけに出品される作品約70 点を含む約400点が紹介される運びとなりました。

・・・・ということです。

マン・レイのオリジナルプリントは、何度も目にしている。
その圧倒的印象に比べると,今回の展示の中の写真は弱いが,
モンパルナスのキキをモデルにした「黒と白」は、特別。

マン・レイはアーティストだったのだな,だからあんな写真が撮れたのだ,ということを
ひしひしと感じさせる展覧会だ。

c0195791_1264057.jpg
このドローイング,手の表情が素晴らしい。もちろんこれも,マン・レイの作品。

c0195791_128313.jpg
自分の過去の作品を、モチーフにしたものもある。

c0195791_1285689.jpg
マン・レイの作った映像作品も見られる。

c0195791_1293673.jpg
未だに製作の詳細はわからないという,マン・レイの色鮮やかなカラー写真も。

c0195791_13185.jpg
白い囲みテープはトリミング指定。これにも興味がわく。

c0195791_1321955.jpg
唯一,マン・レイ財団のものではない、作品の記録ノート。
マン・レイは自分の作品を記録するために,カメラを始めた。

c0195791_1443831.jpg
会場はこんな感じ。光もきれい・・・。

----------------------------------------------------------
会期
2010年7月14日(水)~9月13日(月)
毎週火曜日休館
開館時間
10:00から18:00まで ※金曜日は20:00まで。
入場は閉館の30分前まで。

会場
国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
-----------------------------------------------------------
| by modernliving | 2010-07-22 01:57 | 下田 | Comments(0)
|