タグ:インテリア ( 50 ) タグの人気記事
|
2016年11月30日、カッシーナ・イクスシー青山本店にて『第12回モダンリビング大賞 授賞式&パーティ』を開催し、大賞、準大賞、今年より新設したスタイリング・デザイン賞を発表をしました。
受賞作品は以下のとおりです。



大賞


【丘の上の住宅】

設計_オンデザインパートナーズ 西田 司+海野太一

c0195791_15105937.jpg

海、山、鎌倉の街並み。どこを切り取っても絵になる敷地に建つ「丘の上の住宅」。東西南北に大きさ・デザインの異なる窓を配し、どの部屋にいても外部を感じられるプラン。「坂を上った先に海が見える。この土地ならではの環境を家にも取り込みました」と語るのは設計した西田 司さん。海が最も見える2階には木を基調にしたLDKと、デッキと石、異なる素材を用いた2つのテラスが。爽やかな外の気配と自然素材が美しく調和している。撮影/川辺明伸(モダンリビング222号 p.074~081掲載)


c0195791_15112467.jpg


c0195791_15112974.jpg


c0195791_15113682.jpg


c0195791_15114054.jpg


c0195791_15114218.jpg




準大賞

【SEU house】

設計_建築設計事務所バケラッタ 森山善之+細田 潤

c0195791_15135249.jpg

重厚感のある3階建てのRC造の建物。設計を手がけた森山善之さんと細田 潤さんが最優先に考えたのは、住み手が家での時間を楽しめる多彩な居場所をつくること。家具に合わせて、床やキッチンカウンターに木を取り入れた温かみのあるLDKの先にはブランコや屋外ダイニングなどを配したテラスが。天井高を3.5mと高めに設定し場所ごとの距離が近くても息苦しさを感じないよう配慮した。家での過ごし方が幾重にも膨らむ住宅だ。撮影/下村康典(モダンリビング227号 p.100~109掲載)

c0195791_15144040.jpg


c0195791_1514457.jpg


c0195791_1514521.jpg


c0195791_15145848.jpg




スタイリング・デザイン賞

【ソファを中心に居場所がつながる、洗練されたモダンなインテリア】

積水ハウス 大阪デザインオフィス 担当インテリアデザイナー K_interiorworks 久保恵子

住み手の自宅からトンネルを抜けて車で20分の距離に建てられた、豊かな緑に抱かれたセカンドハウスです。コンセプトは里山にあってもカントリーでない洗練されたモダンテイストであること、自宅とは違う非日常を楽しめる空間であること。テラスからも楽しめる両面の暖炉、ご主人のお好きなスコッチのためのバーコーナー、奥様のお気に入りのシャンデリア、大開口で連続したサッシとそれに続くテラス、カーブを描くシースルー階段、そしてたくさんの人が集う場所として多くの目的をもったリビングを、居所としてのソファでどのようにつなぐかがこのプランの核でした。森に寄り添うこの家はご家族の何よりの癒しとなっています。

c0195791_15305372.jpg


c0195791_15312351.jpg


c0195791_15322574.jpg


c0195791_15325323.jpg

| by modernliving | 2016-12-01 15:33 | Comments(0)
ウェブ・マガジン「ミモレ」では、「インテリアの小さなアイデア」を
週に5回、アップしています。
それが間もなく「ミモレ、連載100回記念!」というわけで、りま
皆さんの質問を募集中!
連載の中でお答えしていきます。
以下のサイトから、お送りください。
締め切りは、5月31日。
お待ちしています!
「ミモレ」インテリアの質問はこちら。



c0195791_16360184.jpg

ミモレの連載はこちらをご覧ください。
今週のミモレ


| by modernliving | 2015-05-26 16:42 | 下田 | Comments(0)


c0195791_20405673.jpg
ウェブ・マガジン「ミモレ」の連載。
今日のタイトルは「カップとソーサーは色を揃えない」。
こちらから、どうぞ。^^

「ミモレ」はここをクリック。

| by modernliving | 2015-01-21 20:43 | 下田 | Comments(0)
c0195791_13262937.jpg
パリの皇族モダニズム  青木 淳子 (著)

昨年末、リニューアルして話題の「東京都庭園美術館」。
戦前、ここは皇族の朝香宮のお住まいだったって、知っていました?

アールデコの館ーーとして、都内で随一、と
あの藤森照信先生も書いていらっしゃいます。

そのアールデコの館が建った理由のひとつは、
朝香宮ご夫妻がパリに3年間住んでいたから。
1920年代の最新のパリを、身を以て体験していらしたのです。

その3年間の様子がつぶさにわかる一冊!
ひと言でいうと、ものすごく!おもしろい!!!

この本の著者である、青木淳子さんは、私の元同僚であり、
同期入社の友人。婦人画報社を辞めたあと、皇族の服飾史を研究していました。
その間に、青木さんは庭園美術館の資料室でパリ時代の受領書(領収書)を発見!

受領書は、ご夫妻がどこで、いつ、何を買ったか、どのレストランに行ったか、
どこで写真を撮ったか、どう暮らしていたか、召使いは何人いたか…を
全部、物語っています。

この本は、その受領書を元に、ひとつひとつ裏付けをとり、
ひも解いた一冊。

アールデコに興味がある人には、朝香宮邸(庭園美術館)が
どういう経緯で建てられたか、妃殿下の役割は・・・など、

絶対、あすすめの一冊です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本の内容紹文(Amazonより)

<東京都庭園美術館に埋もれていた新史料発見! >

エルメス、ルイ・ヴィトン、トゥールダルジャン--。
当時の一般勤労家庭の142倍の生活費で、
皇族は何を買い、どんな暮らしを送っていたのか?

これまで謎に包まれていた、
明治天皇の第八皇女・允子(のぶこ)妃と夫・朝香宮鳩彦(やすひこ)王の1920年代パリ生活が、東京都庭園美術館に埋もれていた新史料から明らかに!

その史料とは、大正13年(1923)から約3年間、朝香宮夫妻がパリに滞在した際の3000枚にもおよぶ領収書を綴った「受領證綴」。
そこには、今も残るエルメス、ルイ・ヴィトン、トゥールダルジャン、ヘンリープール等の老舗ブランドの受領証が一枚一枚丁寧に綴られている。著者の調査によると、トゥールダルジャンの受領証は、パリ本店にも現存していないその当時の貴重なもの。

著者は、現地調査や外交史料等多くの史料も加え、受領証から、これまで謎に包まれていた夫妻の生活や皇室外遊についてを読み解いていく。たとえば、長らくその由来が不明とされていた允子妃のティアラは、当時の老舗宝飾店バンスランのものだった。

本書は、受領証はもちろん、当時の雑誌や建物等の多くの貴重な写真とともに、朝香宮夫妻のパリ生活、またこの外遊が日本にもらたらした文化的意義、「皇族モダニズム」について紹介する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★.。.:*・゚★.。.:*・゚Facebookアカウントはこちらから!!.:★.。.:*・゚★.。.:*・゚

モダンリビングfacebookでは、日々の暮らしを彩るインテリアのヒントや、
撮影の裏側公開、展示会レポなど情報満載!

モダンリビング公式facebookはこちら↓↓
https://www.facebook.com/modernliving.jp

編集長・下田結花facebookはこちら↓↓
https://www.facebook.com/yuka.shimoda.56


皆様の「いいね!」お待ちしております!!!!



★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚

| by modernliving | 2015-01-21 18:31 | 下田 | Comments(0)
c0195791_18435024.jpg


先週末に行われたアルフレックスの展示会に行ってきました。
今シーズンも魅力的な商品がたくさん。
見ごたえがありました。

まずは、上の写真、アルフレックス初の屋外家具「クラウド コレクション」。
今年、新色とパーソナルチェアが加わったそう。

フレーム×テープの素材使いが軽やかで、モダンな庭を求める人は
チェックしておいたほうがよいです。


c0195791_18435927.jpg
ちなみに、家具の後ろには大きな果樹の寄植えが。
実際に実がなってます。
秋ですね。







c0195791_18433587.jpg
ころんとした形のスツール、「クレッシードラ」。
シダーの無垢材、使ってます。
木のいい香りを放ってます。
森の妖精さんになった気分を味わえます。



c0195791_18434367.jpg
切り株みたいな形。
ナチュラルな空間づくりにぴったりですね。
ざっくりとしたファブリックとも相性がよさそう。


c0195791_18442947.jpg
今回の目玉アイテム。
ティータイム ベッド」。
ヘッドボードの上部やサイドを見ると…なんとポケット付き。
ここにリモコンや雑誌など、いろいろ収納できるんです!

こういった狭い隙間って、なぜか手を入れたくなるんですよね。
あと飴ちゃんとか入れちゃったり…。
デザイナーのアレク・レヴィさん、わかってる!

ソファを元にしたデザイン性の高いフォルムも魅力。
基本的に、家ではベッドでごろごろして過ごしている、という方。
ばーん、と大人買いしてみては???




c0195791_18442180.jpg
ちょっと大きめなクッションというか、小ぶりなオットマンというか。
こういうのが意外と使えるんです。



c0195791_18443913.jpg
マレンコ越しのソファ「ヴェラート」。
新婚さん向きですよね。これに座って映画を見たり、横になって雑誌読んだり。
妄想が膨らみます。





c0195791_18444330.jpg
カラフルマレンコ。
やっぱりキュート!!!
ほしくなっちゃうなぁ。



c0195791_18445289.jpg
特設カフェスペースでは、おいしいエスプレッソをいただきました。
エメコのペットボトル再利用チェアが並んでいます。



このほかにも、モデーロのソファ「ポートフォリオ」も登場。

常に新しい風が吹いているアルフレックスのショップ。
足を運ぶのが楽しみです。
| by modernliving | 2011-09-10 18:45 | ナナ | Comments(0)
c0195791_17251266.jpg


モダンリビング編集部は、ここのところ毎日、撮影が続いておりまして。
私も、先日、リノベーション実例の撮影に行ってまいりました。

苅部寛子建築設計事務所+成瀬・猪熊建築設計事務所が手がけた「世田谷フラット」。

以前、写真を拝見して以来、行きたい! と思っていた実例でした。
実際に訪れてみると、想像以上の素敵さ。

苅部さんと猪熊さんの自邸というだけあり、
さまざまな実験的な試みが行われておりました。

c0195791_17252081.jpg
玄関から見たLDK。
節の見える木の床と、壁紙をはがした跡を生かした壁の仕上げ、RCの天井…
いつくもの質感が絡まりあって、ラスティックだけど落ち着いた空間を
つくりあげておりました。

まさに、今っぽいリノベーションの空間。
ここに住みたいです。



c0195791_17252972.jpg
高速でキッチンを片付けてくださったコウちゃん先輩。



c0195791_17253782.jpg
隠し撮り(?)をする下田編集長。



c0195791_17254799.jpg
この日はLOVE GREENからいくつかのグリーンを持ち込みました。
葉がちらちらと揺れるエバーフレッシュが、プレーンな空間に合っています。
トモさん、暑い中、ありがとうございました。
それにしても、グリーンが生える家でした。



c0195791_17255749.jpg
かなり幅狭なトイレに入っているのは、同行してくれた臼田嬢。
私も入ったのですが、本当に、狭いんです。
でも、無性に落ち着くというか…。かくれんぼしている気分?
空間全体のサイズを厳密にした結果、この幅になったそう。


写真にも出てくださった、苅部さん、猪熊さんありがとうございました!!


このリノベーション実例の魅力は、次号で余すところなくお伝えします(`・ω・´)
| by modernliving | 2011-08-18 17:44 | ナナ | Comments(0)
c0195791_1935768.jpg


先日、久々にザ・コンランショップの下見に行ってきました。

新しいテーブルウェアや家具など、もちろん楽しくチェックしたのですが、
もっと目を引いたのが、フラワーアレンジメント。

最近、植物を育てることに加えて、
摘み取った花を素敵に生かすことにも興味が広がり、
本気でフラワーアレンジメントを学びたいなぁ、と思っています。

ザ・コンランショップでは、
コーディネイトに生花を使うのがポリシー、
と聞いたことがあります。

やっぱり、生のお花のアレンジは素敵。

4階にあったのは、
ねぎ坊主みたいなお花、アリウム・ギガンチューム(たぶん)
を使ったダイナミックなお花のコーディネイト。

器は小さく、花も2本だけにすることで、動きのあるアレンジになっている!

正統派ではないかもしれなけれど、
投げ入れたっ! て感じが私は好きです。


勉強になりますなぁ。
| by modernliving | 2011-06-16 23:26 | ナナ | Comments(0)
c0195791_19125724.jpg


朝、起きると、ベランダに置いてあるレモンバームが目に入ってきます。

ハーブのある暮らしに憧れて、ハーブを育て始めたのですが、
栽培のほうに夢中になってしまい、
なかなか活用ができない…。というか、その時間がない……。

ということで、勉強になるかもしれない、と
リビングデザインセンターOZONEで開催中のイベント
「ハーブと暮らす」へと足を運んでみました。

テーマは、「夏をハーブで楽しく・快適に」。
じめじめ、むしむしし始めたこの時期にぴったり。



c0195791_19131966.jpg
エントランスを入ると、ドライハーブがずらり。




c0195791_19132667.jpg
実際に香りを確かめることができます。
このイベントでは、ハウス食品のスパイス研究室とショップ「生活の木」の佐々木 薫さんと
コラボレート。
ハーブの基礎知識と活用法を学べます。




c0195791_19133764.jpg
メインスペースへと進むと、さまざまなシーンのコーディネイトが。
リビングデザインセンターOZONEに入っているショップのアイテムを使っているそう。

こちらはバスルームですね。


c0195791_19141378.jpg
実際にハーブが植えられています。



c0195791_19142136.jpg
こちらは、プライベートリビング。


c0195791_19142894.jpg
キッチンのコーディネイトもありました。

壁には、ハーブを用いたレシピが貼られています。
これを配って欲しい! と思ってしまいました。






c0195791_19135662.jpg
ちなみに、それぞれのコーナーには、アロマディフューザーが。
それぞれのコーナーをイメージした香りを楽しめます。


c0195791_1914546.jpg
石鹸やバスソルトなど、
ハーブを使ったアイテムも。

6月25日(土)、26日(日)には、
これらの商品も含め、15ブースが出展する2日間限定のマーケットも。
楽しみですね!

セミナー一覧はこちらをご覧くださいませ。
| by modernliving | 2011-06-10 13:02 | Comments(0)
c0195791_18472411.jpg

北海道旭川市に本拠地を置く、カンディハウスが
新しいショップ「インテリアギャラリー ippon(一本)」をオープンしました。

ということで、レセプションに行ってきました。

カンディハウスさんは、北海道立旭川美術館で現在、開催中の
「北欧の美しいくらし LIFE&DESIGN展 ―織田憲嗣コレクション」
で行っている、弊誌の北欧コーディネイトコーナーでも
ご協力いただきました。
ありがとうございます!

さて、話は戻りまして、「ippon」。

こちらは、カンディハウスのオリジナル製品をはじめ、
「ippon」のシリーズ、旭川産の木の小物などを
まるっと扱っています。

c0195791_18452120.jpg
店内には、テーブルセットなど、たくさんの家具がコーディネイトされています。

c0195791_18452993.jpg
こちらは、ヴィンテージのソファ。
以前に販売したソファを引き取り、リペアし、もう一度販売するというもの。



c0195791_18453726.jpg
ソファの裏には、以前のブランド名が残っています。




c0195791_18454629.jpg
こちらも同じタイプの商品。



c0195791_18455439.jpg
新品ではどうしても出せない、使うことで生まれた革のくたっとした感じが、とても新鮮に映ります。



c0195791_1846550.jpg
ソファを捨てるのはちょっと…、という人と、
お手頃な価格で、きちんと使えるソファがほしい、という人をつなぐ、
とてもいいシリーズだと思います。


c0195791_18461617.jpg
これが「ippon」のロゴ。

c0195791_18462627.jpg
c0195791_18464013.jpg
新商品のテーブル。
木目を生かした仕上げが、味わい深さとやさしさを醸し出しています。
集いたくなるテーブル!


c0195791_18465245.jpg
壁面には、旭川のウッドワーカーがつくった小物も!

かわいいアイテムがいっぱいありました。


デザインや使い心地に妥協してものを買い、何度も買い替えて暮らす。
そんな、環境にも人間にも負荷をかけることはやめて、
品質がよく本当に好きなものをひとつ買って大切に使おうと、多くの人に提案したいのです。
そのためには私たちが、長く愛用してもらえるような家具をつくらなければなりません。
ippon[一本]の誕生は、私たちが改めて抱いたこの強い思いがきっかけとなりました。


とHPにあります。

確かに、そのとおりですよね。

ipponは、今だからこそ必要なショップだと思います。

場所は、五反田のTOCビル。
駅からちょっと歩きますが、梅雨の合間の晴れた日に
ぜひ尋ねてみてください。


インテリアギャラリー ippon [一本]

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル 4F
TEL. 03-5719-6855 FAX.03-5719-6856
info@ippon-gallery.com
11:00am-7:00pm 水曜定休
○JR・都営浅草線 五反田駅西口から徒歩8分

| by modernliving | 2011-06-09 18:38 | ナナ | Comments(0)
c0195791_14283092.jpg

フィエラの開場は今日からスタート。例年よりも少し人が少ない気がしますが、
とりあえずプレスセンターに行き、メインブランドが集まっている16/20号館へ。



***
1軒目はアウトドア家具のエミュ。スタッキングできる寝椅子。実用的です。
c0195791_1428453.jpg





***
Xoというブランド。マルセル・ワンダースらしいデザイン。
c0195791_1429368.jpg






***
タイルブランドのSicisはインドをテーマに。日本ではトーヨーキッチンが取り扱っています。
c0195791_14294229.jpg





***
オリヴァーリはドアノブをテーブルセッティングに見立てて。ジオ・ポンティのレトロなデザインが新鮮。
c0195791_1430622.jpg

c0195791_14303590.jpg




***
ドリアデは屋外家具をメインに。去年話題になったファビオ・ノベンブレのお面のようなチェア。
新色が登場。
c0195791_14305235.jpg




***
モローゾは相変わらず個性的。常連のデザイナー、ウルキオラの寝椅子。
c0195791_14312043.jpg






***
トルド・ボーンチェの新作はロープを使って組み立てる。
c0195791_143219100.jpg




***
ザノッタは過去の作品と新作をミックスしたコーディネイト。サローネの50周年に合わせたような展示内容。
c0195791_14325393.jpg





***
カルテルはネオンに見立てたライティングで派手に演出。ファビオ・ノベンブレはアクリル素材を
ガラスのかたまりのような印象に加工している。
c0195791_1433534.jpg

c0195791_1434147.jpg



***
相変わらず個性的なエドラ。背景の板は収納のトビラ!
c0195791_14345380.jpg





***
チェコッティのレトロでモダンなソファ。
c0195791_14351267.jpg




***
ドイツの注目ブランドe15。去年は合板だけだったが、今年はファブリック張りが登場。
c0195791_14353069.jpg



c0195791_14372364.jpg






***
デドンのエレガントなディレクターズチェア。
c0195791_14354910.jpg



***
ヴィトラは今年も空間全体を展示。コーディネイトの参考になります。
c0195791_1437521.jpg




フィエラからミラノ市内へ。
パオラレンティの展示。屋外の心地よい空間に癒されました。
同行した設計事務所のバケラッタさんもくつろいでいる様子。


c0195791_1438568.jpg

c0195791_14392160.jpg



サローネ速報はまだまだ続きます!!!
| by modernliving | 2011-04-13 14:46 | 下田 | Comments(0)
|