|
  今日はさまざまな方がこの避難所へと慰問にきてくださいました。
まずは
・お坊さんたち
日本理化学工業のチームのみなさん
・茨城ローカルのTV局のみなさん

ありがとうございます。現在はその茨城のTV局の収録が行われています。ものまねショーです。
さまざまな方が避難所に笑顔を提供しにやってきます。
しかしそれはメンタル面だけでなく、実際に新陳代謝を高め、代謝をよくする効果があるそうです。
避難所は笑顔に満ちています。本当に平穏で普通の生活が流れているような気がしてしまいます。

今日は、その避難所の「居住性」について、考えます。

くしくも、首相発言があったかなかったのか、避難区域での居住は10ー20年は難しいだろうというような内容のニュースがありました。


昨日のブログでも書かせていただいたのですが、この避難所は、比較的物資にも恵まれ、また顔見知りの多い安心感、避難者の有志によって行われる炊き出しなど、とても「快適」な避難所であるといえると思います。

衣服や食事で、選ばなければ困ることはありません。

ひとつの体育館に、ついたてもなしでみな雑魚寝状態ですが、それも小さい町の町民同士、また高齢者も多いことから、それほど問題とは感じられていないような印象です。

「間仕切りの段ボールのようなものは必要ではないですか?」

と数人に聞いてみましたが、

「逆に覗き込まれるような状況になるのがちょっと…」

と答える方の方が多いくらいでした。

ここは皆にとって、わりと「快適」なのです。

しかし、この場所は小学校の体育館で、学校は来週から始まります。いつまでもこの場所に留まり続けるわけにもいきません。

避難所の劣悪な居住性についてはニュースになりますが、居住性が上がりすぎる、というのも、ひとつ、避難所生活が長期化する問題であると感じています。もちろん、それは避難者への住宅供給と合わせてのことですが…。

長い避難生活によって、避難所での「役割」ができている避難者もいます。
私の中学の同級生のお父さんは、「料理長」と呼ばれ、支援物資の監理から炊き出しの献立作成、調理を一手に引き受けています。「自分は最後の一人までここに残る」と、責任感をもって自分の役割を毎日果たしています。

避難所のバランスの取れた居住性とは何なのか。自問自答を繰り返しています。
住宅供給の速度が、避難所生活が「快適」になっていく速度とのバランスを欠いていると思えます。

避難者の時間が止まってしまわないよう、避難ではなく、「復興」に向けて生活を考えていけるよう、一刻も早い避難者への住宅供給を望みます。


c0195791_20161818.jpg

写真は日本理化学工業のボランティアの皆さんが、こどもたちと一緒に絵を描いてくださいました。
| by modernliving | 2011-04-13 20:08 | サトウ | Comments(0)
  福島県いわき市にある避難所にきています。
ここは、先の震災により事故が続いている東京電力福島第一原子力発電所の影響で、避難を余儀なくされた
楢葉町の町民の避難場所になっています。

私も、この楢葉町の出身です。

現在は、避難所となっている中央台南小学校でボランティアとして活動をしています。
今日で4日目ですが、昨日大きな余震があり、現在いわき市の広域で断水をしているような状況です。

避難所には約150名ほどの方たちが生活をしています。
行き先が決まり、避難所を後にする方がいる一方、遠方の避難地から、この避難所に戻ってくる方もいます。
一昨日、3ヶ月の期限付き避難所として提供された海沿いのホテルに移動された方が数多くいました。
しかしなかがら、昨日の地震により、津波の被害を恐れて避難所に戻られる方も多く、避難所完全撤収のめどはまったくたっていない状況です。
ホテルの場所の周辺が、壊滅的な津波の被害を受けているのもそのひとつの要因になっています。

今現状では、避難者の方々の住宅の確保と、それに伴う避難所の撤収が課題となっています。

実際に現地では、1.今すぐそこにある課題、2.そしてこの先の課題、くわえて、3.地域特有の問題があると考えられます。

1.今すぐそこにある課題
洗濯がしたい
これは避難所の方々がよく言われることです。今日からまた断水が始まってしまったので、
早急に対応してほしい課題だと言えます。

2.そしてこの先の課題
住居・職業の安定
いわき市は、市内も津波により甚大な被害を受けています。そのため、原発周辺住民の避難者には住宅の供給が遅れています。むろん、市民にも未だ仮設住宅の提供などは始まっていません。既存の建物(市の雇用促進住宅など)での対応は始まっていますが、それも十分ではなく、アパートなどに正規家賃を支払い居住場所を確保する方の方が断然多い印象です。

3.地域特有の課題

これが最大の課題であると思っています。
まず原発周辺住民の避難者の多くの住宅が現存していることがひとつ、大きな違いです。
私もこの町の出身者ですが、住民の多くはとても素朴で、保守的な思想をもっていると感じます。避難が長期化するにつれ、また原発事故の収束に数ヶ月〜数年の時間が要されることが明らかになりつつある今、「自宅に戻ることは困難」と判断される方が一般的、もしくは多数派と考えていましたが、少なくともこの避難所ではそうではありません。
「来月くらいには…」という声もあります。ですから、住宅を借りたりはせず、また遠方への避難は行わず、いわきに留まって、避難が解除されたらすぐに戻れるように準備したい、という気持ちからこの避難所に留まる方が大半をしめています。

東京をはじめ、京都や沖縄など、さまざまな自治体が住居の無償貸与を申し出てくださっていますが、受容と供給の間に、大きなミスマッチがあります。
自宅周辺に少しでも近くに残りたい住民と、周辺地域は被災地のため住宅供給がままならない。
それにより避難所生活の長期化が進んでいるとも言えます。

また、町民の多くが原発関係者であることも、いわきから、ひいては避難所から離れられない要因でもあります。
避難所から福島第一原発に出勤している方も数多くいらっしゃいます。原発依存の町で、このような状況になっても原発から離れて暮らすことができない現状があります。
また町民の意見としても、「第一原発再開」を望む声は少なくありません。
その点に関しては、私自身も非常に落胆しています。
私の母も原発関連企業に勤務しており、震災当時は福島第2原発内におりました。私の家族の暮らしも、東京電力によってまかなわれてきたのです。

しかし今回の件は、その代償としてはあまりにも大きすぎると思っています。
地域社会は崩壊しようとしています。酪農家や農家は廃業を余儀なくされるでしょう。
産業のない町の基盤となってきた企業であることは間違いないのですが、いま、現在の困難を、一体何が引き起こしたのか、再度皆で考える必要があるのではないでしょうか。
ある方はこう語りました。
「原発はきらいじゃない…」
その言葉はとても重い。きらいじゃない、けど…。
家族や親類、友人たちが原発の現場で働く今、思ったことを言うのはとても難しいことです。
私もまた、原発の町に生まれ、その恩恵を享受し、この被害にあった人間として、
これからの町のあり方を考えなければなりません。

c0195791_16323492.jpg


写真は避難先のひとつになっているホテル周辺。がれきが残り、津波の被害の甚大さが見てとれます。
| by modernliving | 2011-04-12 15:24 | サトウ | Comments(4)
c0195791_14301656.jpg


建築家の吉村靖孝さんが、

「被災地に家を届けよう
エクスコンテナ・プロジェクト」



をはじめられています。

HPは、こちらをクリック


「エクスコンテナ・プロジェクト」は、
海運コンテナの規格を流用した建築物「エクスコンテナ」をつくり、
被災地に届けるプロジェクトです。

仮設並の価格で、常設並の性能を有する「エクスコンテナ」によって、
一刻も早い日常の回復に向けた生活拠点の提供を目指します。

(エクスコンテナ・プロジェクト代表:吉村靖孝/建築家)

HPより



「エクスコンテナ」のツイッターはこちら


このプロジェクトのポイントは、海運コンテナのと同じ規格であること。
安価に、安全に、迅速に、
被災地に家が建てられるのではないでしょうか?


吉村さんのように、素早い行動を取られる建築家の方を、
本当に素晴らしいと思います。


この活動がどんどん広がっていきますように。

寄付を受け付けていらっしゃるそうです。

ぜひ、HPをご覧ください!
| by modernliving | 2011-03-30 14:39 | ナナ | Comments(0)
現在、東日本大震災へのさまざまな支援がなされていますが、
日本ユニセフ協会でも、新たなプロジェクトが始まったようです。

それが、「ユニセフ ちっちゃな図書館」プロジェクト。

名前がいいですね!

ちっちゃな図書館。素敵です。

内容は、ユニセフの公式サイトにわかりやすく書かれています。

要は、被災地の子どもたちに本を届けよう!というプロジェクトですね。

絵本や紙芝居を中心とした『乳幼児セット(0才~6才)』と、
児童書中心の『小中学生セット(7才~14才)』の2種類のBOXにまとめられて
発送される、とのことです。

************************
(公式サイトより)

■お寄せいただきたいもの

0~14才までを対象とした、●絵本 ●児童書 ●紙芝居

※多くの子どもたちが共有するため、
新品や新品に近い状態のもののみをお願いします。
(書き込みや破れのあるものは不可)
※物語があるなど、読み聞かせできるものを優先します。
雑誌、マンガ、ゲーム本は今回対象外とさせていただきます。

■締切

2011年4月5日(火)

■お送り先

〒108-8607 東京都港区高輪4-6-12 ユニセフハウス
(財)日本ユニセフ協会 『ユニセフ ちっちゃな図書館』係
※10:00~17:00の間、直接持ちこみも承ります。(期間中は土日も受付)

******************************
c0195791_2423443.jpg


私の実家にも、大量の児童書があるはず…
「ぐりとぐら」「はじめてのおつかい」「ずっこけ」シリーズも
多分、全部、揃っている、はず。

ちなみに、締め切りは

4月5日(火)


です。

本棚に眠ったままの、きれいな絵本がある方、
ぜひ、ご協力を。
| by modernliving | 2011-03-27 02:42 | ナナ | Comments(0)
c0195791_291838.jpg


建築家の坂茂さんが主宰する「ボランタリー建築家機構」が
避難所となる体育館などで使用するための、
簡易間仕切りを設置するプロジェクトを行っています。

ニュースでご覧になった方も多いかもしれませんが、
実際に、新潟県や山形県の避難所に設置をされたそうです。

その様子は、公式HPでも紹介されています。

山形新聞の記事によると、
実際に坂さんが間仕切りの説明もされているようです。

素早い行動に感服いたしました。
行動力のある方って、本当に素晴らしいです。
と、同時に、自分に何ができるのかを考えさせられました。

この坂さんの活動の優れている点は、
簡易間仕切りを支援する募金活動を行っており、
募金をされた方には、進行の具合をメールで連絡してもらえるところです。

私も募金してみました。

このブログにも、記載します。

東北地方太平洋沖地震によって犠牲になられた多数の方々に、深く哀悼の意を表します。
我々ボランタリー アークテクツ ネットワークでは、
被災され、避難所で数ヶ月間プライバシーのない生活を強いられる人々の精神的負担を和らげることが急務と考えます。
これまで避難所のために作ってきた簡易間仕切りを改良して作り、設置する活動を行っております。
今後、皆様からの義援金および近隣のボランティアのご協力をお願い致します。


募金口座
銀行名:    三菱東京UFJ 銀行、 東松原特別出張所
口座名:    ボランタリーケンチクカキコウ バンシゲル (ボランタリー建築家機構 坂茂)
口座番号:  普通 3636723

募金を頂いた方々には進行のお知らせをお送りいたしますので連絡先を、メール (van@shigerubanarchitects.com)
またはFax (03-3324-6789) でお知らせいただきますようお願いいたします。
なお、以前に掲載しておりましたメールアドレスから変更させて頂きましたのでご注意下さい。

(公式サイトより)

| by modernliving | 2011-03-25 02:08 | Comments(0)
|