編集長日記ー本当に美しい暮らしーーデンマーク編/ 下田
 昨日の庭のある家のインテリアは、こんなふうだった。

 まず、感じたのはすっきりと片付いていること。ゆったりとしていて,目障りなものがない。かといって,ショールームのような感じでもない。温かく,優しい雰囲気,人の気配がちゃんとある。どうしてこんなにきれいに暮らせるのだろう・・・。

c0195791_0542357.jpg
リビングには、モダンな家具とウェグナーの名作椅子が、しっくりとコーディネイトされている。シンプルな空間だが,壁,床,天井の素材が本物で空間の質が高いので、落ち着いた印象。

c0195791_0544371.jpg
ダイニングスペース。テープルと椅子はウェグナーのデザイン。1つ1つ,よい家具を買い求めていくという暮らし方をしている。

c0195791_055316.jpg
籐のベッドと明るいファブリックづかいが楽しい。グリーンの鉢や置き方にも,心遣いか感じられる。

c0195791_0551378.jpg
ベッドルームの片隅には,ウェグナーのヴァチェラーチェア。背はハンガーに、座面の中は小物入れになっている。簡素に見える収納家具も、実は現代の名品。

c0195791_0552348.jpg
カラフルなハンガーポールには、無造作にかけた服もしっくりと収まっている。

c0195791_0553492.jpg
子供部屋は、色の洪水。それなのに、散らかり方も可愛い。乱雑な感じがしないのはなぜ?

c0195791_0554410.jpg
ディスプレイではありません。普通にテーブルに置いてあった果物ボウルも、インテリアになっている。奥のチェストとその上の小物もバランスがいい。

c0195791_0555332.jpg
窓辺の鉢植え。イラスト入りの鉢とグリーンの組み合わせは、ちょっと新鮮!

c0195791_056322.jpg
リビングの壁の一部には、子供の絵がコラージュのように貼られている。その前に置かれた子供椅子と共にひとつのコーナーを作っている。

 家の中のどこを見ても,ないがしろにされたスペースはない。小さなコーナーも,何気なく置いてあるように見えるものも,心配りがあるのがわかる。それでいてそのひとつひとつに、これ見よがしなところは少しもない。

 誰か外の人に見せるためではなく,家族が楽しいと思えるように・・・そうして重ねられた時間の集積が,この家のインテリアになっているのだ。

 デンマークのこの白い家で,私は「本当に美しい暮らし」を見た。

 
| by modernliving | 2010-01-25 23:53 | 下田