編集長日記ーフィンランドの空気/ 下田

c0195791_5515370.jpg

 6日(土)に羽田から関空経由でヘルシンキへ。関空からは9時間50分。いちばん近いヨーロッパだ。今回のフィンランド取材は、ヘルシンキ工科大学のデザイン学科とイッタラが主な目的。フィンランドのデザインの今を捉えたいと思っている。

 昨年の東京デザインウィークの際,ヘルシンキ工科大学のデザイン学科の学生が中心の展示を見たことがきっかけで、この大学の中田先生と知り合い,今回の取材に発展した。

 デンマークは2度,取材で訪れたことがあるが,フィンランドは初めて。だが,空港に降り立った途端,既視感に捕われた! この空気,この景色! 北海道,それも旭川にそっくり! とても初めての気がしない。
         
 建築家のアアルト,サーリネン,イッタラ,マリメッコ・・・そして映画「かもめ食堂」(予告編動画はコチラ)! が私のフィンランドのイメージ。実際,訪れてみると,街の印象はしっとりとクラシックだ。アアルトやサーリネンの時代を経た建築とモダンな建築が混じり合っている。

 明日から,ぎっしりの取材スケジュール。今回は、デザインをどう生活に取り入れているか,その部分も突っ込んで取材したいと思っている。

 以下,今日のヘルシンキの様子をフォトブログで!

c0195791_5484326.jpg
雪はあまり多くないが、道路は凍っていて歩きにくい。寒い!と聞いていたので、重装備できたが、なんとかしのげる。と思ったら・・・「今日は−1度。あったかいんです」と中田先生。ガーン!!!

c0195791_5493338.jpg
私たちが宿泊するホテル・トルニ。塔が可愛い。古いホテルだが,数年前に全面改装された。

c0195791_549561.jpg
ホテルのレセプションも、モダンと懐かしい感じが混じり合っている。後ろ姿は中田先生。

c0195791_5512860.jpg
こんなクラシックなエレベーターも。ヘルシンキには,こうしたエレベーターがまだ結構残っているそうだ。

c0195791_553729.jpg
今日の私の部屋。白一色のミニマム&シンプルの極地。しかし,安っぽくならないのは,細かい部分のクオリティがしっかりしていて,美しいから。

c0195791_5533049.jpg
部屋の入り口から。左はガラスの箱のバスルーム。11階の角部屋。ココは白い空間だが,一部屋ずつインテリアは違うそう。

c0195791_5535330.jpg
ホテルの最上階のテラス(ものすごく細い螺旋階段を上る)の屋外スペース。海まで一望できる。

c0195791_5542164.jpg

夕食にレストランに行く途中で,マリメッコのシッョプに遭遇。日本でのイメージと違って,シックなものも多い。

c0195791_554506.jpg
イッタラの広報,クリスティーヌさんが教えてくれたレストラン「テアトロ」。マルセル・ワンダースの照明がずらり。落ち着いた大人の空間。

c0195791_555964.jpg
テーブルの中央には,キャンドル。ワイングラスはイッタラのもの。テーブルコーディネイトも参考になる。
| by modernliving | 2010-03-06 23:36 | 下田