さよなら白井晟一 虚白庵/シミリエ姫
先日、建築家の白井晟一さんの自邸であった「虚白庵(こはく あん)」が、取り壊されるということで
見学にいってきました。。。」
c0195791_14463387.jpg


4月1日から解体がはじまっています。007.gif

1970年にできたという。
そのまえにあった1949年にできた「滴々居(てきてき きょ)」を立て替えた自邸だ。

これが、以前の状態。
真っ赤な壁や絨毯などで、独特の艶があります。
1970年かあ。

c0195791_1440631.jpg

これも。
室内は洋がたっぷり。でも庭は日本の禅がたっぷり。
このバランス!


c0195791_14471441.jpg

この本にいろいろ書かれてます。
藤森照信さんによれば、白井さんの建築は「素材」と「閉鎖性」。

もう取り壊す寸前の、家も真っ暗でした。
でも、以前も暗かったんですね。


c0195791_14474725.jpg

赤いカベや青いかべもあり。

c0195791_14513257.jpg

クルマがびゅんびゅん通る目白どおりから
カベの内部がまったく見えない、まさに外に閉じた住宅。
四方がカベ。。。現在の外に閉じる住宅のさきがけですね!

年月をへた外壁。
c0195791_1451432.jpg

もう見ることが出来なくなる。

お孫さんのげんたさんも。
c0195791_1564116.jpg
c0195791_1452193.jpg


ということで、最初に見学会の日程にのこのこと
1日あとに間違えて行ってしまったわたしたち(編集長下田とモモそ引きつれ)
(3人とも誰か、日程を確認しようよっての!047.gif047.gif
c0195791_14521736.jpg

そして、見られなかった日にふたりに近くのげんたさんの家(白井さん設計)
に連れて行ってもらって、お茶を濁したときの画像です。
c0195791_155583.jpg




建築、特に住宅の建築は本当にさまざまな事情で取り壊されることが多く
なかなか残らない。

この虚白庵もとても残念です。
小西さん、測量の日にご無理申し上げて伺うことを交渉していただき
本当にありがとうございました。

この目にしかと焼き付けました。
| by modernliving | 2010-04-03 14:36 | シミリエ