深澤直人×藤井保の展覧会プレビュー@台北/サトウ
c0195791_15174867.png



 1.12―スタートした、
プロダクトデザイナー深澤直人さんと写真家藤井 保さんの展覧会に行きました。
小誌連載『見えていないデザイン』をきっかけにして、共労が始まったおふたり。
今展覧会にも、小誌で撮影を行った藤井さんの作品が数多く展示されています。

展示のタイトルは、

MIDIUM-媒介

深澤直人は物質をデザインすることはその間の「媒介」を生み出すことだと思っている。藤井保はそこにある物質を撮ろうとするのではなくそれを取り囲む「媒介」を撮ろうとしている。「媒介」は相互の関係の意味である。
(HPより)

今回の展示では、深澤さんのプロダクトと藤井さんの写真を通して、美しい、正しい関係、その間の概念を知る展覧会です。


日本人が日本語で解説を受けても、大変複雑なテーマですが、
レセプションに詰め掛けた400人ほどの人々の情熱や関心は本当に高く、
藤井さんと深澤さんの対談を食い入るように見つめていらっしゃいました。
おふたりのお話の中で、「展覧会のことをいろいろと説明するのではなく、来た方に感じて欲しい」
といった内容がありました。


c0195791_1528365.jpg


XUEXUE代表のLilin氏からも同様のお話がありました。
深澤さんが『THE OUTLINE』(ハースト婦人画報社)の書かれた文章の中に、
「藤井さんの写真が封筒から取りだされて、それを見る瞬間光を放つような、神聖な瞬間でした」
というような一文があります。

写真を毎回深澤さんのオフィスに持っていき、写真から取り出す役割を担ってきた
私にとっては、Lilin氏がその一説のことを語ってくれたことで、
二人の作品に対する畏怖のような感覚を共有させていただいたような気がしました。
c0195791_152833100.jpg


私が思ったことは、同じように思っている。

美しいとか、いいな、と思ったものを国や言語を越えて共にできることは、とても幸福なことです。

モダンリビングの連載をまとめた
『THE OUTLINE』

c0195791_15283121.jpg


も会期中販売されます。

日本ではまず見られない、贅沢なデザインと写真の展覧会です。
台湾へは約3時間程度。
皆様、是非自分の目で感じてみてください。

2/7発売号では、詳しい内容を掲載いたします。

会期:2013年1月12日-2013年11月10日
会場:学学文創志業7階 学学白色空間XUE XUE WHITE
時間:月曜日~日曜日
   10:00 a.m. - 7:30 p.m.
料金:一般 NTD$200 学生NTD$100
| by modernliving | 2013-01-15 13:02 | サトウ