<   2009年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧
|
c0195791_18583298.jpg


オーレスンの街に着きました。
ここは、アールヌーヴォーの街なんだそう。
1900年頃に大火事で街の多くが焼け、その後当時流行していたアールヌーヴォー形式の家が一斉に建てられたんですね。(ガイドさんの受け売り)

c0195791_1858327.jpg


丘の上から見ると、とてもカラフルで、オモチャの国のよう。
実際に街を歩くと、植物や魔よけの動物の装飾がイヤでも目に入ってきます。
ノルウェーの見所はフィヨルドだけじゃないんですね。幅の広さを実感!


☆このブログはソフトバンクの携帯(830CA)よりお届けしています
| by modernliving | 2009-04-18 18:58 | ナナ
ヘリコプターでの空撮のあとは、フッティルーテンというフェリーで移動。ベルゲンという街からオーレスンまで向かいます。

このフェリーは、ノルウェーの突端、北極圏まで行くもの。これに私たちも宿泊しました。
で、写真がお部屋。
c0195791_1622535.jpg

コンパクト!
ソファを倒すとベッドにもなります。

ちなみに船の種類はさまざまで、どの船に乗るかは当日にならないとわからず、もっと貨物船的で独房のような場合もあるとか…シャワーがあるだけラッキー。お湯が出ないとか、文句を言ってはいけません…。

船から見た夕日の透明感ある赤色はとても美しく、感動的でした!

c0195791_16225351.jpg

| by modernliving | 2009-04-17 16:22 | ナナ
c0195791_13321831.jpg

c0195791_13321832.jpg

私は今、北欧のノルウェーに出張に来ております。ついさっきまで、都内のスタジオで撮影していた気がするのですが…世界は狭くなりました!
ということで、ノルウェーロケ便りをソフトバンクの携帯電話から、リアルタイムでお届けします。

今日の撮影の一番のニュースは、人生初の空撮!!撮影先のホテルまで、なんとヘリコプターで移動しました。

直下にノルウェー名物のフィヨルドが!
岩肌も針葉樹も家も車もみんな下にあるんです。鳥はこんな感じで見ているのでしょうか。

通常では体験できない撮影にテンションが上がりまくりでした!
| by modernliving | 2009-04-17 13:32 | ナナ
 撮影に行くと、住み手の方がいちばん興味を示すものーーそれは家具でも、雑貨でもなく、グリーン。
 
 たくさんのグリーンを使うときは、グリーンコーディネイターの方と、組んで仕事をする。江田俊子さんもそのひとり。MLコーディネイトに最も合ったグリーンを的確に選び、その場でアレンジしてくれる。そのセンスにはいつも脱帽する。
 
 江田さんの選ぶグリーンは、ジュケイがおもしろい。ジュケイとは「樹形」のこと。種類は同じ木でも、ひとつひとつ枝振りが違う。それが樹の個性でもある。

 そして、アレンジ。木と鉢(プランター、またはプランターカバー)は組み合わせによって、まったく様子が変わる。グリーンと素敵な鉢は、別に売られていることが多いから、実際に合わせて見るとその違いにびっくりする。
 
 ときどき、撮影に伺ったお宅の住み手の方が、グリーンと鉢をそのまま買い取りたい、とおっしゃる。そして江田さんを質問攻めにする。育て方について、選び方について、水やりの量について、肥料について、日当りについて・・・。江田さんはいつも、素敵な笑顔とともに、熱心に答えてくれる。

 そんな江田さんが、18日(土)17時〜18時、ザ・コンランショッブ・カフェでのトークショーに出演。ザ・コンランショップのプランターやガーデングッズ、雑貨を使って、グリーンの取り入れ方を教えてくれる。このトークショーは、どうやってグリーンを取り入れればいいのかわからない、という方にはすぐに使えるヒントがたくさん!!

 ザ・コンランショップカフェでのトークショーの申し込みはこちらへ。

 グリーンはインテリアの一部。大きな木をひとつ、小さなグリーンをいつくか取り入れるだけで、部屋はガラッと変わります。このチャンスをお見逃しなく!



c0195791_0185684.jpg
c0195791_0191628.jpg
ML184号のザ・コンランショップとMLのコラボレーション「贅沢ミックススタイル」の撮影でも、江田さんがグリーンを担当。上の2点も樹形がおもしろい!
c0195791_019599.jpg
ラベンダーのアレンジもこの通り。ハープの扱いも得意な江田さん。ハープの使い方のお話も伺えます。
c0195791_022525.jpg
去年の真夏の撮影では、こんなにたくさんのグリーンを持ち込んでくださいました。
c0195791_0232886.jpg
グリーンと鉢をコーディネイトする江田さん。真夏の炎天下の撮影でも、いつも笑顔で。
| by modernliving | 2009-04-16 00:43
c0195791_3541825.jpg

一見、日本風?東洋風?に見えるこの器・・・。実は、フランス人陶芸家の作品です。
昨年から、原宿のH.P.DECOさんに置いてある作家さんの器なんですが
どこかアバンギャルドな絵付けとフォルムに心惹かれてしまいます。
作家さんの名前は、ジェーローム・ギャラバン。
以前、初めて見つけたときにもブログにあげましたが、
ネットで検索しても、自分が書いたブログしか見つかりませんでした(笑)。
バスキアの絵画のような前衛的な絵付けがなんとも味わい深い!
これから羽ばたく注目の作家さんです!!

c0195791_3593179.jpg

フランスから届いたばかりの新作。
ちょっと絵柄が最近、写実的になってきた気が・・・。
もっと爆発的な絵を描いて欲しい(希望)。


c0195791_44515.jpg

こちらもH.P.DECOさんで見つけた別のフランス人の作家さんの器。
描かれている絵がなんとも可愛い。

c0195791_45102.jpg

なんでも、日本の漫画に強く影響をうけているとのこと。
力の抜けている感じが絶妙です。
| by modernliving | 2009-04-15 03:41 | マキオ
 本日は楽しいイベントのお知らせをひとつ。
c0195791_19403895.jpg

4月18日(土)14:00-16:00

NPO法人家づくりの会が主催するイベント、
建築家による家づくりセミナーが開催されます。

家づくりの会は、創立から26年、家づくりを真剣に考える、住み手と建築家の媒介者としての活動を続けています。現在までに、600件以上の家が実現しています。

場所はML読者にも御馴染みのアクタス新宿店です。

<セミナー詳細>
【会場】アクタス新宿店2F(東京都新宿区新宿2-19-1BYGSビル1・2F)
【日時】4月18日 14:00ー16:00
【定員】20名
【参加費】無料
【お申し込み・お問い合わせ】家づくりの会(担当:徳井正樹・根來宏典)
TEL:03-5360-8061 FAX:03-5360-8062   info@npo-iezukurinokai.jp


セミナーーを行う建築家とテーマは以下の通り。


●人と人をつなぎます
古川康司さん

●リノベーション・ストーリー
安井 正さん

●施主が建築家の家
泉 幸甫さん

都市の住宅をテーマに、それぞれの住宅実作を通して、豪華な講師陣がレクチャーを行います。
家づくりをお考えの方は、ぜひとも必聴!です。
| by modernliving | 2009-04-14 18:30 | サトウ

そして、京都から大阪へ異動する間に少しだけ時間があき、
つい寄り道。。。

可愛らしい風景です。
c0195791_1845646.jpg


本当に零れ落ちそうな桜。
c0195791_19224355.jpg

京都の桜は関東よりピンクが強いらしいです。
c0195791_19225657.jpg

疎水沿いの桜は本当に満開。
c0195791_1923578.jpg

京都はきのせいか東京よりも桜が多い気がしました。
c0195791_19231455.jpg

ほんの少しの
c0195791_19232395.jpg
時間でしたが・・・


c0195791_12203179.jpg

俵屋のカフェ「遊形 サロン・ド・テ 」で、坪庭を見ながらお茶を一杯。
c0195791_12294316.jpg

この日は胃痛がひどかったので、お昼ごはんはこのお餅だけ。
c0195791_12302792.jpg

以前MODERN LIVINGでも掲載しましたが、ここは古い町屋を改装。
インテリアは和×北欧の調和した居心地のいい雰囲気。

気持ちのいい午後でございました。
| by modernliving | 2009-04-13 18:40 | シミリエ
c0195791_1823123.jpg
 京都に本店をもつジュエリーブランド「俄(にわか)の京都本店が、4月8日にオープンし、そのオープニングレセプションに行ってきました。このブランドは銀座、青山、ニューヨークなどに展開し、「京都発」の日本のデザインらしい繊細であでやかなるジュエリーを提案しています。

 場所は京都の中心ともいえる三条(中京区富小路通り三条上ル)のあたり。すぐ近くには俵屋や炭屋といった老舗の旅館が多く存在する場所です。
c0195791_1833086.jpg

京都の町は桜が満開! お天気もよく、多くの人が訪れていました。

この写真はパーティ会場である地下から1階に上がる階段。
安藤さんらしい吹き抜け空間に、アートが映えています。
当日は大きな桜の木が大胆に上から見下ろしていました。

建物の設計を手がけたのは、安藤忠雄さん。「このエリアは京都条例がいろいろあり、屋根をつくったりと多くの規制があったので、けっこう悩んだんですよ」と安藤さん。といいつつも「もっと早く、京都の町はきちんとした条例を定めるべきでしたね」とも語っていました。私も同感です。

 当日は学生時代に京都で暮らした芥川賞作家の平野啓一郎さんとのトークショーもあり、京都の景観や建築の話で盛り上がりました。
c0195791_1811086.jpg

建物は地下1階、地上4階建て。1・2階がお店です。
1階は、京都らしいデザインの雑貨を中心に取り揃えた「京都デザインハウス」。写真のようなインテリア小物にとてもそそられました。いくつかおみあげを買ってしまいました!
c0195791_18112615.jpg

こんなロースタイルに合うクッションも。
c0195791_12161297.jpg

これは、私が買ったお弁当箱を包む絞り風のコットン小物入れ。
(今日もお弁当を入れてきました。ちなみに写っているフライヤーが我がロックバンドのライブフライヤー笑)

c0195791_1218288.jpg
安藤さんらしストイックな打ちっ放しのRC造です。
京都らしい街並みの中に静かに佇んでいました。
個人的には外観を含め、もう少し安藤さんらしい「木を使用した建築」
を見たかった気もしますが。。。
打ちっ放しの壁面と和ののれんのコントラストが京都らしく、趣きのある外観でした。
c0195791_18361533.jpg


これは安藤さんと社長。
c0195791_18382316.jpg


関西パワーを感じるおふたりでした。
| by modernliving | 2009-04-12 18:40 | シミリエ
 本日、セルフビルドの人気連載「インフィル」のライブ&トークイベント第二回目を開催しました。
 場所は新宿のオゾンプラザにて。連載の筆者であるクロースアップ・マジシャンの前田知洋さんをはじめ、カメラマンの矢野信夫さん、プロデューサーのホイ・ディーノ・キムさん、湘南ビーチFMのパーソナリティ竹下由紀さん、モダンリビング編集長らが繰り広げるトークイベントが、なごやかに行なわれました。

c0195791_173241100.jpg

そして、目玉は今回もまた! 川岸さんのライブ!!
 この日,会場にはネイチャーデザインの森のような展示がなされており、屋久杉をはじめ、多くの木々に囲まれるというすばらしい演出(MODERN LIVINGのコーディネイトです!)の中て行われました。

c0195791_15284936.jpg

これが川岸宏吉さん。当日もアフリカのコラという楽器を持参し、美しい音を奏でてくださいました。
本当に気持ちいい曲で、ほんわか聞き惚れてしまいました。

川岸さん! ありがとうございました!!
(実はこのイベントの前前日にインフィル連載の撮影があり、前田邸での撮影後に延々私たちはこのイベントの
打ち合わせで盛り上がったのでした!)

この5人のトークで、インフィルの撮影の裏話から木の話まで、楽しさ満載。
いらしてくださった方々は、お立ち見も出るほど・・・100人以上にもなりました。

c0195791_15305090.jpg

自称インフィリストの前田知洋さん。爽やかなルックスでこの日もファンが詰め掛けていました。
建築について語らせると何時間でも・・・。

c0195791_1531451.jpg

ホイ・ディーノ・キムさん。ヤンチャトークの達人。

c0195791_15311716.jpg

矢野信夫さん。今回初参加。この日は背景にインフィル連載の写真を流しました。
その写真からもマイナスイオンが・・・。

c0195791_15313942.jpg

竹下由起さん。大人の声で、たまに出る突っ込みが絶妙。

c0195791_15315935.jpg

川岸さんのライブに聞き惚れる面々。

この後、MODERN LIVING主催のカジュアルなパーティも行なわれ、都会のど真ん中である新宿とは思えない、のんびりした時間を
過ごすことができました。モダンリビングに関わる多くの建築家の方々をはじめ、
多くのゲストの方々遠方からはるばるお越しいただきました。

皆さまありがとうございました!!
第三弾もやりますので、楽しみにしていてくださませ!!!

c0195791_17331623.jpg


おまけ1 前田さんの愛猫、ヒミツ君の写るインフィル連載ページ。
      撮影中、逃げてしまうので、いつかは触りたいですね・・。

c0195791_11553738.jpg


おまけ2 これは丸秘・秘蔵ショットですぞ!! 連載の撮影にて「溶接」を披露する前に
      準備している前田さん。
      ファンの方必見です。
c0195791_123417.jpg

| by modernliving | 2009-04-11 22:49 | シミリエ
 目下、次号の撮影やその仕込みで飛び回っているモダンリビング編集部ですが、私と編集長は名古屋までキッチン特集の取材に行ってきました。
 名古屋駅から電車で15分ほど、そこから車で少し走った場所が今回の目的地です。駅で建築家の宇野友明さんと待ち合わせ。素敵なジープで出迎えてくださいました。
 駅から現地までのわずかな間に、日本ではめずらしいシステムを導入したバスの「ゆとりーとライン」や、これまた全国から観光客がくるチベット仏教寺院など、予期せず観光の見所をチェック。
 そして、たどり着いたのが撮影場所である下の住宅です。

c0195791_1759283.jpg
家具作家であるholly wood buddyの宮島さんの家。構造はRCでも、壁をすべて漆喰で仕上げているため、冷たさをまったく感じさせません。いくつもある窓から光が差し込みます。そして、真っ白な箱の中に、宮島さんの家具がすっと馴染み、静謐でどこか温かな空間をつくり上げていました。
 置いてある小物も宮島さんの審美眼にかなったものばかり。ブレのない素晴らしい住宅に感動!その詳細はぜひ次号でご覧ください!

 今回のキッチン特集の撮影における目玉は、つくり手や住み手のポートレイト。漆喰塗りの壁とやわらかくまわった光が、いい具合に人の表情を際立たせます。

c0195791_1759992.jpg
これは宮島さんの撮影シーン。このブログでも大活躍の下村カメラマンとアシスタントの松本さん。

c0195791_175916100.jpg
さすが、いつもインテリアを撮ってくださっているだけあって、宮島さんがつくった家具をうまくからませる構図に。

ちなみに、この鈍い金色の物体は、金物作家の方が特別につくった照明です。

 今回は、宇野さんがいつも一緒に仕事をされている方々の協力なしではできない撮影でした。皆さんの模様は次回のブログにて!!乞う、ご期待!
| by modernliving | 2009-04-10 17:59 | ナナ
|